【段差で膝を捻って曲げ伸ばしが痛む女性】

患者さんの症例

主婦 60代 女性

段差を登っていて膝を捻ったため、膝の曲げ伸ばしに痛みがあるという方が来院されました。

元々ヨガをしていて捻ったりするときに少し痛む時があり、今回少し高い段差を登っていた際に捻ってしまい、曲げ伸ばしの制限とともに痛みが出てきたようです。

初見で膝関節の腫れがありましたが、関節水腫は溜まっていませんでしたので関節自体の損傷度はそれほどではないようです。

大腿後面の筋緊張が強くあり、股関節前面の腸腰筋緊張から腸骨動脈の血流障害から起因する大腿後面の筋緊張だったので腸腰筋及び腸骨動脈を調整しました。

調整後、膝関節の屈伸が来院時よりも制限なくできるようになりましたが、荷重がかかると痛みが残るようです。

関節荷重ができるよう足部から腰部までの重心軸の調整をして、荷重がかけやすいように調整し、患部の安静を図るため包帯固定をして、終了しました。

その後少しずつ痛みが軽減してきたので、包帯固定を除去し、通常歩行や荷重をかけても痛みはほとんど出なくなりました。

当院では、患部の状態だけでなく、普段の骨格バランスも確認しながら施術を行っています。

骨格が安定していないと骨でなく筋肉で体を支えるためにどうしても体に無理がかかりやすくなります。

まずはしっかりとバランスが取れる体にすることが大事ですので、ケガだけでなく慢性的な肩こりや腰痛でもご相談くださいね。

関連記事

  1. 当院のコロナウイルス対策について

  2. 【剣道でかかとが痛くなった中学生】

  3. ハンドボールでシンスプリントになった女子校生

  4. 【野球肩】投球前の動作で痛むのを治す体幹トレーニング

  5. ジャンパー膝についての当院の動画をまとめました

  6. 腰痛でヘルニアと言われた看護師さん

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP