【脱臼と思って来院したら骨折でした】

患者さんの症例

農家 40代 女性

草引きをしていて、なかなか抜けない大きな根を強く引っ張ったときにボキッとなって指が曲がってしまった、という方が来院されました。

雑草の掃除中だったそうで、なかなか抜けない草を指に絡めて引っ張ったときに傷めたようです。

患部を見ると明らかに関節ではないところで指がゆがんでいます。

患者さんによると、痛みはあるが少し曲がっているくらいで、ボキッと音が鳴ったのもあり脱臼したのではないかなー?と思ったそうです。

あらためて患部をチェックして痛みの場所の確認と運動を見ると、やはり関節部ではなく骨幹部に痛みと動揺性が見られます。

整復動作により患部の処置をすることもできるのですが、触診していると骨幹部の状態がどうしても引っ掛かります。

指の整復はきちんと整えないと、指を曲げた時に軸のブレがでてしまうので、慎重に見ました。

院では患部が悪化しないよう副子固定の処置をして、整形外科にて画像検査と処置を依頼。

やはり患部の骨に異常があり、骨幹部の内軟骨種により骨折しやすい状況だったようです。

こういう場合に、確認することが大事だとあらためて認識することができました。

当院では、患部の状態だけでなく、普段の骨格バランスも確認しながら施術を行っています。

骨格が安定していないと骨でなく筋肉で体を支えるためにどうしても体に無理がかかりやすくなります。

まずはしっかりとバランスが取れる体にすることが大事ですので、ケガだけでなく慢性的な肩こりや腰痛でもご相談くださいね。

関連記事

  1. スマホ中の姿勢がヘルニアの原因に?

  2. 【剣道でかかとが痛くなった中学生】

  3. 坐骨神経痛の改善|お尻とふくらはぎの痛みを楽にする方法

  4. テレビ局から取材を受けたジェットバスの入り方

  5. 社会活動報告|今治市社会福祉協議会にマスク1000枚を寄付し…

  6. ベッドから降りるときに失敗して足の指に『ひび』が入った患者さ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP