【むち打ちで首がほとんど動かなくなった男性】

患者さんの症例

運搬業 50代 男性

交通事故で玉突きに遭い、むち打ち損傷で首と肩を傷めた方がご来院になりました。

3台の玉突きで一番前にいたということですが、不意の衝突を避けられず、左肩と首を強くひねってしまったようです。

来院当日はほとんど首を動かすことができず、上を向くと左側の首から腕まで痛みがありました。

肩関節も上に上げることが不十分で痛みもあり、なかなか上げることができにくいようです。

首の動きとともに背骨や骨盤の運動を確認すると、首の痛みの元になっている部位が上部の胸椎にあり、神経的に筋力や可動域の制限を出しているようでした。

肩の痛みは、関節にありますが大きく傷めているのは背中や肩周りの筋肉で、筋の緊張により腕を上げにくくなっているようです。

初回処置は、この神経的に傷害されている上部胸椎から頸椎の運動を整えて、それに伴う肩周囲の筋肉の調整を行いました。

施術後は、首の動きも50%ほど回復し、上を向いてうがいができるくらいまでになり、肩関節の挙上もほぼ動くようになりました。

当院では、患部の状態だけでなく、普段の骨格バランスも確認しながら施術を行っています。

骨格が安定していないと骨でなく筋肉で体を支えるためにどうしても体に無理がかかりやすくなります。

まずはしっかりとバランスが取れる体にすることが大事ですので、ケガだけでなく慢性的な肩こりや腰痛でもご相談くださいね。

関連記事

  1. 当院の社会活動報告まとめ

  2. ふくらはぎの筋損傷=肉離れの治療|患者さんの症例

  3. 坐骨神経痛の改善|お尻とふくらはぎの痛みを楽にする方法

  4. 足指エクササイズの院内セミナーを開催しました

  5. テレビ局から取材を受けたジェットバスの入り方

  6. 【剣道でかかとが痛くなった中学生】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP