患者さんの症例|むち打ちで首がほとんど動かなくなった男性

患者さんの症例

運搬業 50代 男性

交通事故で玉突きに遭い、むち打ち損傷で首と肩を傷めた方がご来院になりました。

3台の玉突きで一番前にいたということですが、不意の衝突を避けられず、左肩と首を強くひねってしまったようです。

来院当日はほとんど首を動かすことができず、上を向くと左側の首から腕まで痛みがありました。

肩関節も上に上げることが不十分で痛みもあり、なかなか上げることができにくいようです。

首の動きとともに背骨や骨盤の運動を確認すると、首の痛みの元になっている部位が上部の胸椎にあり、神経的に筋力や可動域の制限を出しているようでした。

肩の痛みは、関節にありますが大きく傷めているのは背中や肩周りの筋肉で、筋の緊張により腕を上げにくくなっているようです。

初回処置は、この神経的に傷害されている上部胸椎から頸椎の運動を整えて、それに伴う肩周囲の筋肉の調整を行いました。

施術後は、首の動きも50%ほど回復し、上を向いてうがいができるくらいまでになり、肩関節の挙上もほぼ動くようになりました。

(鍼灸師・あんまマッサージ指圧師・柔道整復師 星野泰隆監修)

ご予約はこちら

LINEでのご予約は24時間受け付けています。

こちらの画像をタップしてご予約、ご相談ください。

⬅️LINE予約はこちら⬅️

 


受付時間中は、お電話でもご予約可能です。

こちらの画像をタップしても、電話がつながります。

⬅️電話予約はこちら⬅️

関連記事

  1. 患者さんの症例|ゴルフのスイング中に腰を傷めた30代男性

  2. パートナーストレッチ教室について

  3. 【補足】当院の感染予防対策について

  4. 坐骨神経痛で長時間歩けない|仕事復帰の期間を早めるための対処…

  5. 患者さんの症例|腹筋の筋力低下からのぎっくり腰

  6. 肩こりを改善するためのタオルを使った枕の高さを合わせる方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP