腰痛の治療

はじめまして、星野鍼灸接骨院院長の星野です。

院長当院には毎日のように腰痛の患者さんが来院されています。

スポーツや日常生活で何気ない動作をしていて動けなくなる腰痛や、重だるい痛みで動きにくいなど痛みの種類も様々です。

また、一度だけでなく何度も繰り返しなってしまう人もいます。

こんなお悩みはありませんか?
  • もともと腰痛があり、ひどくならないか不安がある
  • 腰痛で長時間座っていると辛い
  • 仕事や家事で重いものを持つと腰が痛む
  • 腰の痛みでレントゲンを撮っても異常なしと言われて不安になる
  • ぎっくり腰を繰り返すので動くのが不安
  • 腰痛だけでなく足やお尻が痺れてきた

もしあなたが同じような症状でお悩みなら、当院の治療がお役に立てるかもしれません。

施術家歴27年の鍼灸接骨院院長が、腰痛の原因や症状、当院の治療方針についてまとめていますので、ぜひ最後までお読みください。

実は僕も腰痛持ちでした

 

小学生の頃、ボディビルをやっていた父親のトレーニングについて行き、無理やり重いものを持ちあげた際に腰を傷めたのが原因です。

それが元で中学生の頃からぎっくり腰で起き上がれず、何度も学校を休むこともあり、鍼灸の専門学校に入学する頃まで、慢性的な腰痛がありました。

その後、治療家を目指すのに自分が腰痛持ちではいけないと思い、学会や講座で腰痛について学びました。

今は慢性的な腰痛もほとんどなく、スポーツをするなど元気な日常生活を送っています。

腰痛の原因は?

今までは、腰痛に対して病院ではレントゲンやMRIといった画像検査を行い、ヘルニアや変形があると腰痛の原因としていました。

ところが最近の研究で、画像検査による異常は腰痛と関連がないことがわかってきました。

腰痛は日常生活での姿勢のクセや動作によって腰周りに負担がかかり、筋肉が硬くなり神経が緊張したりすることが原因で起こるので、何気ない動作で痛くなる方も多いです。

また、便秘や生理痛でも腰が痛くなるなど、内臓の不調があると背中や腰が痛くなるケースもあります。

そういったことも含めて、腰の痛みだとしても身体全体で見ていく必要があります。

腰痛の治療の流れ

①問診検査

あなたの腰痛がどういった状態で起こり、どういった過程で痛くなったのか、どういったことに不調や不安を感じているのかを詳しくお聞きします。

各種検査により身体のゆがみと、筋肉や神経の状態をしっかり見ていきます。
問診検査の結果と、あなたの不調や不安解消のために最適な治療方法と治療計画を立てていきます。

②整体

姿勢、身体の動作の調整 姿勢のクセや動作によって腰周りに負担がかかります。
手や足、背骨や骨盤など全身のバランスを見て姿勢のクセや動作が正常になるように整えることで、腰周りに負担がかかりにくくなります。

③整体後の検査

整体により姿勢のクセや動作が改善しているかを、整体前と同じように検査を行い、きちんと体が動けるようになったかをチェックします。

整体によって、しっかり身体が改善しているのかをチェックします。
整体前の検査と同じように、姿勢が改善して、きちんと体が動けるようになったかを診ていきます。

④今後の治療計画の説明

治療後の検査結果を踏まえて、今後の治療計画、治療の効果を持続させるための簡単なポイントをお伝えします。

腰痛でお悩みの方は、一度ご相談ください。

(鍼灸師・あんまマッサージ指圧師・柔道整復師 星野泰隆 監修)

ご予約はこちら

LINEでのご予約は24時間受け付けています。

こちらの画像をタップしてご予約、ご相談ください。

⬅️LINE予約はこちら⬅️

 


受付時間中は、お電話でもご予約可能です。

こちらの画像をタップしても、電話がつながります。

⬅️電話予約はこちら⬅️

PAGE TOP