ソフトボールでの親指のねんざ(ノックでの突き指)

 

患者さんの症例

ソフトボール部 中学生 女性

ソフトボールの練習中ノックを受けていて、ボールがイレギュラーバウンドしたため親指にボールが当たってしまい、親指の付け根を強くひねって受傷したため来院されました。

親指の付け根の関節(母指基節関節)や手首、中手骨などの関節と骨を調べていくと掌側と内側に圧痛があり、関節にねじるストレスをかけた時には外側にひねるとき、指をそらすときに疼痛がありました。

関節周りの腫れを引かすために整体を行い関節の腫れ、ねじれを調整しました。

掌側板と側副靭帯に特に損傷が見られるため関節の可動軸に対してとそれぞれの可動方向に対して動きに抑制をかけたり、筋肉の補助的に動くようにといくつかの目的別にテーピングを貼り固定しました。

手首の固定は毎回必須ではないですが、関節の可動方向や損傷度合いによっては、手首の関節から固定してサポートしてあげると、動かしやすくなるまでが短くなります。

テーピングはケガの状況を見極めて、適切に行う必要があるためまずは応急的に固定して(もしくはそのままで)なるべく早く当院にご来院くださいね。

当院では、患部の状態だけでなく、普段の骨格バランスも確認しながら施術を行っています。

骨格が安定していないと骨でなく筋肉で体を支えるためにどうしても体に無理がかかりやすくなります。

まずはしっかりとバランスが取れる体にすることが大事ですので、ケガの時にはお早めにご相談くださいね。

関連記事

  1. スマホ中の姿勢がヘルニアの原因に?

  2. 花粉症と東洋医学の治療法

  3. 社会活動報告|日吉中学校にマスク500枚を寄付しました

  4. 後から追突された交通事故の患者さん

  5. 坐骨神経痛で長時間歩けない|仕事に復帰する期間を早くするため…

  6. 【膝が痛くなった幼稚園児】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP