腱鞘炎でサポーターをしても手首が痛む時のテーピングと治し方

仕事や家事で手を使いすぎると手首や指が痛くなることがあります。

一般的に腱鞘炎と言われ、仕事や家事で手首や指を動かす腱を使いすぎることにより、腱や腱を包んでいる腱鞘が炎症を起こした状態です。

腱鞘炎の症状は、
・手や指を動かすと痛む
・指が曲げ伸ばししづらい
・ドアノブを回すと手首が痛む
・痛みでペットボトルのフタが開けられない
などがあります。

また、妊娠出産の前後に痛むことも多く、
・抱っこすると手首が痛む
・沐浴の時に手首や指が痛む
・哺乳瓶のフタを開けると痛む
といったことも見られます。

今回のブログでは、腱鞘炎でサポーターをしても痛む時の対処法、テーピングの方法や治し方などまとめてみました。

手首や指が痛くて家事や育児や仕事が辛い、という方のお役に立てると思いますので、ぜひご覧ください。

手首のサポーターで安静にすると腱鞘炎は楽になる

腱鞘とは、手首や指の骨と曲げ伸ばしをする筋肉とを繋ぐ、腱の周りにあるトンネルのようなものです。

この腱鞘というトンネルは関節の周りにあり、手首や指を曲げ伸ばしする際に腱がずれないようにする働きがあります。

腱鞘炎は、手首や指を頻繁に使うことで腱と腱鞘が金属疲労のように炎症を起こし、痛みが出たり腫れて動きにくくなっている状態です。

炎症が起こる原因は使い過ぎなので、病院ではサポーターをしたり仕事を休んだりして安静にするように指示されます。

サポーターや包帯やテーピングにより、関節の動きを制限したり筋肉の動きを補助することができるようになるため、炎症が早く改善してきますが、安静が取れず使い続けていると手術が必要になる場合もあり注意が必要です。

サポーターの種類には、指だけをサポートするものや手首もサポートするもの、またプレートが入っていてしっかりと固定するものまでいろいろあります。

手首が痛む腱鞘炎の時のテーピングの方法

腱鞘炎は、手首や指の使い過ぎによって腱や腱鞘を傷めてしまうために起こります。

手首や指を安静にして負担を減らすために行うテーピングには、大きく分けて2つの目的別のパターンがあります。

一つは運動を制限するため、もう一つは腱と筋肉の動きを補助するためのものです。

運動を制限するためのテーピングは、使う量を減らし炎症を早く引かせる目的があり、サポーターもこの目的で使います。

●基本の貼り方・手首

手首の親指側の骨の上から、手首を巻くようにクルッと貼る

もう一つの腱と筋肉の動きを補助するテーピングは、曲げ伸ばしをしやすくすることで腱鞘にかかる負担を減らし、炎症を起こしにくくする目的があります。

手首や指を曲げ伸ばしする筋肉や腱をテーピングによってもう一本増やすことで、腱にかかる負担を減らすイメージです。

●基本の貼り方・指

指を伸ばした状態で、爪の手前から手首に向かってテープを貼る(手の甲側が痛む場合)

指を伸ばした状態で、指の腹から手首に向かってテープを貼る(手のひら側が痛む場合)

テーピングは一つのパターンを行う場合もありますし、両方の目的を合わせて行う場合もあります。

基本的な形がありますので、それぞれの場所に合わせて貼ってみてください。

 

腱鞘炎でサポーターをしても手首が痛む時の治し方

安静にするためにサポーターやテーピングをして過ごしていても、なかなか治らない時があります。

使う頻度が多くてなかなか休めなかったり、サポーターやテーピングで肌がかぶれてしまい装着できなかったり。

いろいろな原因で痛みが出るときや、より早く楽になるために自宅でできる改善方法があります。

今回は、手首の使い方についてお伝えします。

●手首の使い方

腱鞘炎は、何かを持った状態で手首を動かすと炎症が起こりやすくなります。

特に強く握ったり指先でつまんでいる状態で手首を動かすことが、腱鞘の負担になる原因です。

一度試していただきたいことがあります。

手のひらを下にして手を握ってみてください。

そうすると、手の甲が自分の方に向きませんでしたか?
実は、指を握ると自然と手首が返るようになっています。

ですので、細かい作業や指で摘んで物を持ち上げる動作の時は、手首が返る状態で作業するのがポイントです。

 

どうしても手首が返せない時には、つまんだ状態で手首をなるべく動かさないようにすると負担の軽減になります。

つまり、手首を曲げ伸ばしする際には、動かす幅を減らしたり肩から大きく動かすようにすると、腱鞘炎を予防したり痛みを軽減することができるということです。

詳しくは、動画でも説明していますのでご覧ください。
※動画は現在編集中です。もう少しお待ちください。

腱鞘炎は無理な状態で使うことが多くなることで起こります。

少しでも早く症状を軽減するために、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

  1. ダイエットでのウォーキングについて

  2. 痛みに有効|病院でも研究している円皮鍼

  3. よくいただく質問|ヘルニアは保険が効きますか?

  4. ジャンパー膝についての当院の動画をまとめました

  5. 接骨院院長が教える顎関節症の痛みに対するストレッチとマッサー…

  6. よくある質問|妊娠中でも治療はできますか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP