二人目妊娠中の妊婦さんの交通事故

患者さんの症例

妊婦 20代 二人目妊娠中

妊娠中の女性が交通事故で来院されました。

運転中に追突されて、首と腰を傷めてしまい、妊娠中ということでお腹の心配もあり、来院されました。

むち打ちで首だけでなく腰を傷めて来られる方は多くいらっしゃいます。

今回は妊娠しているということもあり、より心配をされていました。

首の痛みは頸椎のむち打ち、いわゆる頸椎捻挫で首から上部胸椎にかけての筋緊張が強く、背骨の運動性も低下していました。

腰部の痛みも同様に腰椎捻挫があり、妊娠による関節の緩みからくる骨盤の不安定さも重なり恥骨や仙骨部にも痛みが出てきています。

産婦人科での検査によりお腹の張りや赤ちゃんには影響がなかったようなので、お腹に負担のないように施術します。

背骨は首からお尻まで繋がっているため、腰部が不安定なので脊椎の動きも悪くなっていて、背骨を支える筋肉に緊張が強く出ているようです。

腰部の運動ができやすくなるよう筋緊張をとりながら骨盤の安定をしやすくなるよう整え、背骨と肋骨の運動をしやすくするように施術しました。

頸部の痛みはかなり軽減していますが、お腹が大きくなるにつれ腰部の負担が大きくなり、腰痛が少し出てきているようです。

現在は、ケアをしながら不安なく出産できるよう施術しています。

当院では、患部の状態だけでなく、普段の骨格バランスも確認しながら施術を行っています。

骨格が安定していないと骨でなく筋肉で体を支えるためにどうしても体に無理がかかりやすくなります。

まずはしっかりとバランスが取れる体にすることが大事ですので、ケガだけでなく慢性的な肩こりや腰痛でもご相談くださいね。

関連記事

  1. 改善?それとも悪化?筋トレをしてもいい腰痛と休む方がいい腰痛…

  2. バスケットボールでの親指の突き指

  3. 立ち上がる際にぎっくり腰になった男性

  4. パートナーストレッチ教室について

  5. 足から膝裏の痛みなのに足底腱膜炎?

  6. 肩こりが治らないのは目の奥が痛む頭痛が原因?解消するためのマ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP