痛みに有効|病院でも研究している円皮鍼

街の情報誌「マイタウン」に膝痛に効く円皮鍼のことが載っていました。

円皮鍼は長さ0.5~1ミリほどの鍼をエレキバンのように身体の表面に貼り付けるというものです。

特徴としては鍼自体が短いため体の表面までで止まるので痛みはありません。

刺さっていることすらわからないくらいです。

この小さな鍼をツボに貼っていくことで気の流れや神経の痛みなどをコントロールし、それぞれの症状をとっていくというものです。

あなたになじみの深いもので言うと「耳ツボ」の鍼などがこの円皮鍼を使います。

マイタウンの誌面では、膝の痛みに対して円皮鍼を使い、早稲田大学と合同で治験を行っていて、7~8割の方に症状の改善があるようです。

当院でも使い捨ての円皮鍼を使った施術を行っています。

【刺さないタイプ】のものと【耳ツボ】にも使えるものを使用しています。

膝の痛みだけでなく、肩こりや腰痛や耳ツボにも円皮鍼は使われます。

気になる方は当院まで1度ご相談ください。

当院では、患部の状態だけでなく、普段の骨格バランスも確認しながら施術を行っています。

骨格が安定していないと骨でなく筋肉で体を支えるためにどうしても体に無理がかかりやすくなります。

まずはしっかりとバランスが取れる体にすることが大事ですので、ケガだけでなく慢性的な肩こりや腰痛でもご相談くださいね。

関連記事

  1. ふくらはぎの筋損傷=肉離れの治療|患者さんの症例

  2. 講演依頼・講師依頼について

  3. あんまとマッサージの違いって?

  4. ぎっくり腰について|よくいただくご質問

  5. 【犬の散歩中に引っ張られて転倒】肩・首の痛みがある40代女性…

  6. 頭痛のツボ|後頭部や目の奥が痛くて吐き気がする時のツボ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP