【腹筋の筋力低下からのぎっくり腰】

患者さんの症例

美容師 40代 女性

2週間前に自宅で重たいものを持ち上げた際、腰がギクッとなってから、毎日動くたびに繰り返し傷めてしまうという方が来院されました。

お仕事が忙しくて、出張先で施術にはいくが、なかなか良くならないということでした。

動作を見てみると前後の動きは特に痛みはなく、左右に側屈すると痛みが出るようです。

痛み自体はありませんが、前後の屈曲で少し左右に身体がねじれる感じがあります。

また痛みの出る側屈は、左側屈で脊柱の中央が、右側屈では脊柱の下部がうまく動いていないようです。

回旋動作でも左右差があり、腹筋や股関節周りの筋力や動作を見ると右の腸腰筋の筋力が低下しているようです。

股関節から腸腰筋が働くように施術して、脊柱の動きを整えていくとしゃがみ込みを含めたどの動作も痛みが気になることなく動けるようになりました。

その後、自宅での腸腰筋のトレーニングを指導して、次回確認のために来院してもらうようにしました。

3回目の施術後には腸腰筋にも力が入るようになり、しっかりと立って前屈みもできるようになったため終了しました。

当院では、患部の状態だけでなく、普段の骨格バランスも確認しながら施術を行っています。

骨格が安定していないと骨でなく筋肉で体を支えるためにどうしても体に無理がかかりやすくなります。

まずはしっかりとバランスが取れる体にすることが大事ですので、ケガだけでなく慢性的な肩こりや腰痛でもご相談くださいね。

関連記事

  1. よくいただく質問|ヘルニアは保険が効きますか?

  2. よくある質問~ぎっくり腰やねちがえはねんざです~

  3. 運動会の練習で太ももの肉離れ(野球部)

  4. セルフケアの動画をまとめました〜足編〜

  5. 患者さんのお声をいただきました|中学野球日本代表

  6. よくある質問|1度で矯正はできますか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP