肋骨に関係する痛み〜心臓の痛みかも?

今治市上徳の 星野鍼灸接骨院です。

今日は患者さんからの質問でよくある肋骨に関係する痛みを説明します。

肋骨に関連した痛みには肋骨骨折、肋軟骨損傷、肋間筋損傷、肋間神経痛などがあります。

そのうちの外傷からの痛み(肋骨骨折、肋軟骨損傷、肋間筋損傷)が接骨院での適応になり、記の症状に肋間神経痛などの痛みは鍼灸治療の適応となります。

肋骨骨折と肋軟骨損傷、肋間筋損傷はおなじ原因で起こる場合があり、バッティングの様に急に身体を捻ったり高齢者ではくしゃみなどでも傷める事があります。

症状は呼吸時の痛み、身体を捻ったり動かしたりした際の痛み。

肋骨は呼吸時にそれぞれの骨が一緒に上下するため、骨折箇所が多くなると呼吸しにくくなります。

骨折や軟骨損傷はレントゲンで写らない場合があります。

肋骨は薄いため骨折線が写りにくいためです。

肋骨骨折や軟骨損傷、肋間筋損傷はどれもほぼ症状は同じで治療もだいたい同じ。

テープやサラシでの固定が主になってきますが、呼吸によって肋骨は動くので固定する際は呼気時に肋骨をかためるので息が吸いにくくなったり、動作する時に胸の締め付けがきつくて苦しい事があります。

治癒期間は肋骨骨折が引っ付くのに2週間。

その後日常生活で痛みが無くなるのにさらに2週間くらいかかります。

また肋骨周囲の胸の痛みが、実は心筋梗塞など心臓からの痛みの場合もありますので、外傷が無いのに痛みが出たら病院や接骨院でご相談ください。

当院では、患部の状態だけでなく、普段の骨格バランスも確認しながら施術を行っています。

骨格が安定していないと骨でなく筋肉で体を支えるためにどうしても体に無理がかかりやすくなります。

まずはしっかりとバランスが取れる体にすることが大事ですので、ケガだけでなく慢性的な肩こりや腰痛でもご相談くださいね。

関連記事

  1. よくある質問|活性酸素と老化について

  2. ベッドから降りるときに失敗して足の指に『ひび』が入った患者さ…

  3. 新型コロナ感染予防のため、今治市保育幼稚園課に子供用マスク1…

  4. 講演依頼・講師依頼について

  5. 社会活動報告|【今治市】子育てサークル「ピーカーブー」〜院長…

  6. ぎっくり腰の前兆が出たらまず予防!簡単ふくらはぎストレッチ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP