【患者さんの症例】サッカーでの膝の痛み~ジャンパー膝

患者さんの症例

サッカー部 男子 小学生

サッカー中走っていてボールを蹴っていると左ひざが痛くなったので来院されました。

膝自体には腫れはなかったですが、お皿の下の膝蓋靭帯部に圧痛があり、膝の屈伸痛があるようでした。

以前からジャンパー膝と病院でいわれており、今回は再発もしたようで、膝のねんざとジャンパー膝が同時進行的にありました。

ジャンパ-膝はもちろん読んで字のごとく、バレーやバスケなどジャンプするスポーツに多くみられます。

今回の施術は、ジャンパー膝対策とねんざの施術になります。

まず大腿四頭筋をしっかり調整をします。

筋肉がゆるんでくると膝関節自体の関節可動軸を調整します。

関節軸を調整するのはねんざにより軸のブレがでるため。

軸のずれを調整しないときちんと動かなくなり、 疼痛が出たり関節の動きが悪くなったりなどで治癒に時間がかかります。

関節軸の調整が終わり屈伸してもらうと痛みがほとんど消えたので、PNFで筋肉と神経接合部を整え最後にテーピングをしてしっかり固定しました。

固定後また膝の屈伸やジャンプしてもらっても、痛みはほぼなく明日の試合に出るのに間に合ったと喜んでくれました。

当院では、患部の状態だけでなく、普段の骨格バランスも確認しながら施術を行っています。

骨格が安定していないと骨でなく筋肉で体を支えるためにどうしても体に無理がかかりやすくなります。

まずはしっかりとバランスが取れる体にすることが大事ですので、ケガだけでなく慢性的な肩こりや腰痛でもご相談くださいね。

関連記事

  1. 免疫力アップに当院が貢献できること

  2. 坐骨神経痛で椅子に座ると痛む時に効果的!ふくらはぎ〜太ももも…

  3. テニス肘の痛みを改善する〜やってはいけないフタの開けかた|今…

  4. 【補足】当院の感染予防対策について

  5. 季節の変わり目|ぎっくり腰や寝違えが増えてきた

  6. インフルエンザと風邪について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP