子供が頭を打ったときの判定方法

子供の頭のケガで揺さぶられっ子症候群というのがあります。

虐待のニュースなどでよく聞くとおもいます。

転んだりして頭をうちそれがひどい場合は、硬膜下血腫になり頭の中の圧力が上がり脳が圧迫され、命の危険があるケガになります。

今回は、頭のけがの判定方法についてお話しします。

急性とゆっくり症状が出る亜急性

急性はすぐに症状が出ることを言います。

問題は亜急性です。

亜急性の場合、外傷後5分から5時間後に意識障害や嘔吐、痙攣などがおきます。

実際には揺さぶられて起きるより転倒や転落で起きる事が多いです。

特に2歳以下では布団や絨毯で転倒しても起きる事があります。

たんこぶが出来ていたら大丈夫と思っている人が多いと思います。

実は微小な頭蓋骨の骨折があれば出血が頭蓋骨の外で溜まりたんこぶになります。
たんこぶがあればCT、が脳外科では重篤な症状を見落とさないポイントです。

簡単検査法

少しでもおかしいと思ったら頭を水平に左右に振ってみてください。

一秒に2、3回転。

髄膜炎など髄膜刺激症状があれば嘔吐や意識障害など現れます。
子供では頭打って泣いてたけどボーっとし出したなどは要注意。

すぐに病院に行ってください。

見落とさないようしっかり子供を見てあげましょう。

 

ご予約はこちら

LINEでのご予約は24時間受け付けています。

こちらの画像をタップしてご予約、ご相談ください。

⬅️LINE予約はこちら⬅️

 

受付時間中は、お電話でもご予約可能です。

スマートフォンの方は、こちらの画像をタップしてお電話ください。

⬅️電話予約はこちら⬅️

関連記事

  1. 花粉症と東洋医学の治療法

  2. 腰痛の予防と解消に効果的なツボ~鍼灸師監修

  3. テレビ局から取材を受けたジェットバスの入り方

  4. 開院した理由と当院の目指すものについて、動画を撮っていただき…

  5. 育児で痛む腱鞘炎を治すストレッチとテーピング

  6. 佃先生考案「天地人ポーズ」がゆほびかに掲載されました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP