子供の突き指の応急処置|簡単にできる段ボールギプスの作り方

連休中や夜中に病院や接骨院がお休みのときに子供が突き指した、なんて事があると思います。

今回はそんなときのための応急処置、固定具の作り方をお伝えします。

作り方

使うのは段ボール。
段ボールを指の大きさに合わせて切ります。

切った段ボールは角を落として丸くします。
ケガをするのを予防するため角をおとします。

段ボールは切ったら水に浸けて濡らします。

その後で潰して指に合わせて少し曲げた状態で包帯で巻いて固定します。

段ボールは、濡れている間は柔らかいままですが、乾燥すると指の形に固まってしっかりと固定してくれます。

家で固定する時は、今回のように段ボールや厚紙など、身近にあるもので固定具の代用ができます。
応急処置はあくまでも接骨院の施術が始まるまでの対応策です。

休みが終わって接骨院が開いたら必ず来院してくださいね。
(鍼灸師・あんまマッサージ指圧師・柔道整復師 星野泰隆監修)

ご予約はこちら

LINEでのご予約は24時間受け付けています。

こちらの画像をタップしてご予約、ご相談ください。

⬅️LINE予約はこちら⬅️

 


受付時間中は、お電話でもご予約可能です。

こちらの画像をタップしても、電話がつながります。

⬅️電話予約はこちら⬅️

関連記事

  1. 先生、急患です!保育園園長から腕が抜けたとSOS『腕を踏まれ…

  2. ぎっくり腰の予兆が出たら温める?湿布やコルセットは?

  3. パートナーストレッチ教室を行いました

  4. ぎっくり腰でお尻や背中が痛む症状でも動けるようになるストレッ…

  5. 低反発の枕が肩こりの原因?横向きや仰向けの寝方タイプ別の枕選…

  6. 手首のサポーターをしても痛む症状を改善する腱鞘炎のストレッチ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP