変形性膝関節症で内側の痛みを改善するテーピング

以前はあまり気にならなかったのに、年齢とともに歩く時に膝が痛む、膝が痛くて曲がりにくくなったという方が多くなってきます。

厚生労働省の統計では、膝関節の変形や痛みを自覚している人は1000万人、潜在的な患者数は3000万人というデータもあるようです。

今回のブログでは、膝関節の変形に伴う痛みで特に多い膝の内側に痛みが出る場合の原因と、それを改善するためのテーピング方法についてまとめてみました。

年々歩く時に膝が痛むようになった、最近膝が曲がりにくくなった感じがある、といった方のお役に立てると思いますので、是非ご覧ください。

変形性膝関節症で内側の痛みを改善するテーピング|今治市 星野鍼灸接骨院

歩く時の膝内側の痛みは変形性膝関節症?

膝関節が変形すると、膝が完全に伸びない曲がらないといった症状や、立ち上がったり歩くのも痛くなることが挙げられます。

変形が始まると、初期症状として運動したり階段の上り下りや歩くなど、膝関節に負荷がかかると膝内側が痛むという方も少なくありません。

膝の外側より内側に痛みがでる場合がほとんどで、実は膝関節は曲げ伸ばしをする時に少しねじれながら動きます。

曲がる時には内側に、伸びる時には外側にねじれるようにです。

ですので、膝関節が変形し伸びない状態では、少し内側にねじれているため膝の内側に負担がかかり腫れて痛むことが多くなります。

また、関節に水が溜まってくると、お皿の周りが腫れて膝関節を支える筋肉に力が入りにくくなり、重だるくなりやすいです。

変形の初期は、安静にしていると痛みが取れやすく、変形も少ないため見た目の変化は分かりにくい場合があります。

変形性膝関節症の痛みの原因

では、膝関節に痛みが出てくる理由は、日常生活での膝屈伸が多かったり、ずっと曲げたままや伸ばしたまま過ごすことで、軟骨同士がゴリゴリこすれるためです。

軟骨が何度も擦れることで、ちょっとずつ破片が散って、膝関節を刺激してしまうので、潤滑をよくし、炎症を引かせるために水がたくさん出てくるようになります。

それが水がたまってる状態(=関節水腫)で、膝関節への刺激が軽減しないと、ますます関節に水が出てきて腫れがひどくなってきます。

・正常⇒きれいに関節の隙間もあいてて水が適度にある状態
・変形⇒軟骨がすり減って、関節の隙間が狭くなり、潤滑を良くするために水が多く溜まる状態です。

軟骨が減って関節の変形した部分が干渉してくると、スムーズに動きにくくなるため、膝がまっすぐ伸びにくくなったり曲がりにくくもなり、正座ができにくくなったり普段から階段や歩行中に痛みが出ることが多くなります。

例えるなら、靴の中に小石が入ったまま歩いている状態です。

小石が入っていても歩けますが、無理して歩いていると足の裏にマメができて痛みがひどくなり、歩き方がおかしくなるようなものだと思っていただくと分かりやすいかもしれません。

変形性膝関節症の痛みの原因を改善する方法〜水は抜かないほうがいい

このように変形が進んでいる状態で、膝の水はなるべく抜かないほうが体の負担が少なくなります。

その理由は、
①滑液(関節液)は炎症を引かせるために必要だから
②炎症の起こっている滑膜に針を刺すため感染リスクがある
③繰り返し水が溜まるのを防ぐため
です。

こちらのブログに詳細もありますので、合わせてご覧ください。
膝の痛みで水が溜まる時に抜いてはいけない3つの理由

改善方法の方法としては、膝を支える内側の筋肉が弱くO脚になりやすいため、膝の負担を減らす筋肉をサポートする必要あります。

今回は、テーピングで補助する方法をお伝えいたします。

変形性膝関節症の痛みを改善するテーピング

用意するもの
テープ 5×18㎝ 4枚

【貼り方】
①お皿の下で骨の出っ張ってるところから貼り始めます
②1枚目は膝を90度に曲げ、内側から外側へ向かって貼ります

③2枚目は1枚目の貼り初めと同じところから始めて内側へ向かって貼ります

④3枚目は1枚目2枚目の貼り始めと同じところにテープの真ん中を合わせ、膝を伸ばしながら貼ります

⑤4枚目は膝を伸ばした状態で、膝上のテープの端にテープの真ん中を合わせ、膝を曲げながら貼ります


膝を掴む形にすることで膝が安定し動きやすくなり、貼り始めと貼り終わりを引っ張らずに貼ると負担が少なくかぶれにくくなります。

骨が変形していても、テープで負担を減らすことができますので、ぜひサポートにお役立てください。

(鍼灸師・あんまマッサージ指圧師・柔道整復師 星野泰隆監修)

ご予約はこちら

LINEでのご予約は24時間受け付けています。

こちらの画像をタップしてご予約、ご相談ください。

⬅️LINE予約はこちら⬅️

 


受付時間中は、お電話でもご予約可能です。

こちらの画像をタップしても、電話がつながります。

⬅️電話予約はこちら⬅️

関連記事

  1. 院長が教えるマッサージの基本の『き』

  2. 肩こりの辛い症状を改善するためにまずやって欲しい腰のストレッ…

  3. 患者さんの症例|野球で肩やひじが痛くなった小学生

  4. スマホ中の姿勢がヘルニアの原因に?

  5. 患者さんの症例|剣道でかかとが痛くなった中学生

  6. 自宅で正しく簡単アイシング

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP