患者さんの症例|犬の散歩中に転倒し肩・首が痛む40代女性

患者さんの症例

40代 主婦 女性

一週間前に犬を散歩していて急に引っ張られた際に転倒し、左肩と頭を強打した方が来院されました。

症状は腕を上げると痛む、首を動かすと痛む、頭を打っているので心配だということです。

腕を伸ばした状態で転倒し、肩甲骨から腕を強打して、反動で左の側頭部も打って頭痛もあったそうです。

全体をよく検査すると、肩甲骨と上腕の連動がうまくいっていないため背中から首の筋肉にかけて緊張が強く、肩と首を動かす際に痛みが出ているようです。

打撲により脊柱も動きにくくなっているところがあるので、そちらを調整。

肩と首の動きによる痛みも軽減しました。

頭の強打もあるので、目線による筋力チェックも行うと、左下を見たときに筋力の弱化がありました。

目の視点による体のバランスを調整し、もう一度筋力チェック。

今度は筋力の弱化もなくしっかりと力が入るようになっていましたので、改めて肩と首の動きをチェックすると、痛みと張りはほぼなくなりました。

視点の変化による体のバランスの崩れは、本人も周りもあまり気がつくことはありませんが、テストをするとわかることもあります。

今回は打撲による肩のケガと反動での首の捻挫で頭を強打したので、視点の変化が起こったのかもしれません。

(鍼灸師・あんまマッサージ指圧師・柔道整復師 星野泰隆監修)

ご予約はこちら

LINEでのご予約は24時間受け付けています。

こちらの画像をタップしてご予約、ご相談ください。

⬅️LINE予約はこちら⬅️

 


受付時間中は、お電話でもご予約可能です。

こちらの画像をタップしても、電話がつながります。

⬅️電話予約はこちら⬅️

関連記事

  1. シーバー病の治療|歩くとかかとが痛む期間を少しでも短くする方…

  2. 患者さんの症例|子どもを抱っこしてのぎっくり腰

  3. 野球練習中に膝をケガして水がたまった高校生が来院しました

  4. 曲げると膝の裏が痛む時の治し方|まずしてほしいストレッチ

  5. 膝外側の痛みはランナー膝?|走る時の痛みを改善するストレッチ…

  6. ぎっくり腰の予兆が出たら温める?湿布やコルセットは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP