【バスケでふくらはぎの肉離れを起こした小学生女子】

患者さんの症例 ~ふくらはぎの筋損傷~

バスケットボール部 12歳 小学生

バスケットボール部の小学生の女の子がふくらはぎの痛みで来院されました。

連日の試合で太ももとふくらはぎの筋肉が張っていて、その状態で試合に出て走り、急に止まったところ右のふくらはぎに痛みが出て歩くのもままならなくなったということです。

ふくらはぎの状態を確認し、肉離れなどがないか、ふとももや腰の筋肉の状態などはどうかなど一通り確認し、ケガの状態を説明しました。

一言で筋肉の挫傷といっても、いろいろな状態があります。

今回は腓腹筋だけでなく脛骨内側部にも圧痛があり、骨膜の炎症症状も出ているようでした。

筋肉の緊張により下腿部の体重を支える骨である脛骨にも緊張が起こることもあります。

施術は、ふくらはぎに筋肉の緊張を緩和したり、炎症と不安を緩和する目的でテーピング固定を処置。

テーピングをすることでふくらはぎの筋群の働きを助けてやり、脛骨の炎症を緩和することと、痛む個所にサポートを行うことで患者さん自身に安心感もあります。

今回のようにおおきな肉離れでなくても、筋肉の微細な損傷や炎症から骨に負荷がかかり痛みが出ることは多いです。

当院では、患部の状態だけでなく、普段の骨格バランスも確認しながら施術を行っています。

骨格が安定していないと骨でなく筋肉で体を支えるためにどうしても体に無理がかかりやすくなります。

まずはしっかりとバランスが取れる体にすることが大事ですので、ケガだけでなく慢性的な肩こりや腰痛でもご相談くださいね。

関連記事

  1. なかなか解消しない股関節痛と足の痺れは腰痛と関係する?原因は…

  2. 社会活動報告|高齢者を対象にクアハウスで足指セミナーを行って…

  3. 講演依頼・講師依頼について

  4. 【腹筋の筋力低下からのぎっくり腰】

  5. 坐骨神経痛で椅子に座ると痛む時に効果的!ふくらはぎ〜太ももも…

  6. シンスプリントになりやすい原因は・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP