患者さんの症例|バスケでふくらはぎの肉離れを起こした小学生女子

患者さんの症例 ~ふくらはぎの筋損傷~

バスケットボール部 12歳 小学生

バスケットボール部の小学生の女の子がふくらはぎの痛みで来院されました。

連日の試合で太ももとふくらはぎの筋肉が張っていて、その状態で試合に出て走り、急に止まったところ右のふくらはぎに痛みが出て歩くのもままならなくなったということです。

ふくらはぎの状態を確認し、肉離れなどがないか、ふとももや腰の筋肉の状態などはどうかなど一通り確認し、ケガの状態を説明しました。

一言で筋肉の挫傷といっても、いろいろな状態があります。

今回は腓腹筋だけでなく脛骨内側部にも圧痛があり、骨膜の炎症症状も出ているようでした。

筋肉の緊張により下腿部の体重を支える骨である脛骨にも緊張が起こることもあります。

施術は、ふくらはぎに筋肉の緊張を緩和したり、炎症と不安を緩和する目的でテーピング固定を処置。

テーピングをすることでふくらはぎの筋群の働きを助けてやり、脛骨の炎症を緩和することと、痛む個所にサポートを行うことで患者さん自身に安心感もあります。

今回のようにおおきな肉離れでなくても、筋肉の微細な損傷や炎症から骨に負荷がかかり痛みが出ることは多いです。

(鍼灸師・あんまマッサージ指圧師・柔道整復師 星野泰隆監修)

ご予約はこちら

LINEでのご予約は24時間受け付けています。

こちらの画像をタップしてご予約、ご相談ください。

⬅️LINE予約はこちら⬅️

 


受付時間中は、お電話でもご予約可能です。

こちらの画像をタップしても、電話がつながります。

⬅️電話予約はこちら⬅️

関連記事

  1. 患者さんの症例|野球で手をついて指を捻挫した小学生〜副子固定…

  2. 自宅で出来る学生向けのマッサージ②

  3. 患者さんの症例|ソフトボールで親指を突き指した中学生女子

  4. 立ち座りや家事が楽になる腰痛予防講座のお知らせ

  5. テレビ局から取材を受けたジェットバスの入り方を解説します

  6. 曲げると膝の裏が痛む時の治し方|まずしてほしいストレッチ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP