患者さんの症例|病院で原因不明?膝が痛くなった幼稚園児

患者さんの症例

幼稚園児 男の子

朝は元気に幼稚園に行き、帰ってきたときには膝を曲げるのも伸ばすのも痛いというお子さんが来院されました。

病院で診てもらったら、骨には異常がなく原因はわからないがおそらく遊び過ぎで痛むので、湿布と包帯で安静にするように指示を受けたということです。

原因がわからず足を曲げたまま歩いているということで、心配されて当院にご来院されました。

歩行を見ると膝を少し曲げてあるいていますが、体重は載せられるようです。

包帯と湿布を外し患部を見ますが、膝の腫れはありません。

伸ばすのも曲げるのも痛みがありますが、靭帯や関節の圧痛うは無く膝も曲げられます。

膝から大腿部~股関節~腰部と見ていくと、股関節がやや外旋状態で緊張し、臀部の緊張もみられました。

股関節の緊張を緩和するようにサポートし膝を屈伸するとスムーズに曲げ伸ばしができて痛みはないようです。

臀部の緊張と股関節の調整をして大腿部を緩めると、膝の屈伸も問題なくできるようになったので歩いてもらうと、初めは怖がって足を伸ばせませんでしたが、すぐに遊び始めました。

今回のケースは股関節周囲の筋の緊張による膝への関連痛だったようです。

(鍼灸師・あんまマッサージ指圧師・柔道整復師 星野泰隆監修)

ご予約はこちら

LINEでのご予約は24時間受け付けています。

こちらの画像をタップしてご予約、ご相談ください。

⬅️LINE予約はこちら⬅️

 


受付時間中は、お電話でもご予約可能です。

こちらの画像をタップしても、電話がつながります。

⬅️電話予約はこちら⬅️

関連記事

  1. 1分マッサージで改善!外反母趾の治し方|テープが痛い時の対処…

  2. 自宅で正しく簡単アイシング

  3. 患者さんの症例|シンスプリントで足の痛みに悩む女子高生

  4. よくある質問|施術後のだるさについて

  5. よくある質問~自宅で出来るアイシングの注意

  6. 突き指で腫れて曲げると痛い時の処置は湿布だけでいい?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP