【膝が痛くなった幼稚園児】

患者さんの症例

幼稚園児 男の子

朝は元気に幼稚園に行き、帰ってきたときには膝を曲げるのも伸ばすのも痛いというお子さんが来院されました。

病院で診てもらったら、骨には異常がなく原因はわからないがおそらく遊び過ぎで痛むので、湿布と包帯で安静にするように指示を受けたということです。

原因がわからず足を曲げたまま歩いているということで、心配されて当院にご来院されました。

歩行を見ると膝を少し曲げてあるいていますが、体重は載せられるようです。

包帯と湿布を外し患部を見ますが、膝の腫れはありません。

伸ばすのも曲げるのも痛みがありますが、靭帯や関節の圧痛うは無く膝も曲げられます。

膝から大腿部~股関節~腰部と見ていくと、股関節がやや外旋状態で緊張し、臀部の緊張もみられました。

股関節の緊張を緩和するようにサポートし膝を屈伸するとスムーズに曲げ伸ばしができて痛みはないようです。

臀部の緊張と股関節の調整をして大腿部を緩めると、膝の屈伸も問題なくできるようになったので歩いてもらうと、初めは怖がって足を伸ばせませんでしたが、すぐに遊び始めました。

今回のケースは股関節周囲の筋の緊張による膝への関連痛だったようです。

当院では、患部の状態だけでなく、普段の骨格バランスも確認しながら施術を行っています。

骨格が安定していないと骨でなく筋肉で体を支えるためにどうしても体に無理がかかりやすくなります。

まずはしっかりとバランスが取れる体にすることが大事ですので、ケガだけでなく慢性的な肩こりや腰痛でもご相談くださいね。

ご予約はこちら

LINEでのご予約は24時間受け付けています。

こちらの画像をタップしてご予約、ご相談ください。

⬅️LINE予約はこちら⬅️

 


受付時間中は、お電話でもご予約可能です。

こちらの画像をタップしても、電話がつながります。

⬅️電話予約はこちら⬅️

関連記事

  1. よくある質問~自宅で出来るアイシングの注意

  2. 子供が頭を打ったときに簡単にできる重症度判定方法

  3. 肩こり・頭痛・吐き気|症状緩和するマッサージと効果的なポイン…

  4. ぎっくり腰でお尻や背中が痛む症状でも動けるようになるストレッ…

  5. ダイエットと代謝と食事について

  6. 肩こりの原因は枕?肩こりを解消するタオル枕の作り方〜ストレー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP