【子どもを抱っこしてのぎっくり腰】

患者さんの症例

主婦 30代 女性

7ヶ月のお子さんと4歳のお子さんをお持ちの子育て中のママさんが、急な腰痛で来院されました。

お子さんを抱っこした際に腰痛になり、動きにくくなってしまったようです。

抱っこをする前に、ベビーカーを押して歩くことがあり、坂も上り下りするような道だったため、少し疲れがあったようです。

ぎっくり腰はいわゆる腰の捻挫ですが、今回の捻挫は筋肉の疲労から来る筋膜性のものだったので、関節や靭帯を傷めてはいませんでした。

このママさんの姿勢が元々少し猫背気味で、お尻の筋肉や足の筋肉も少し弱いため腰の筋肉に負担がかかりやすいようです。

特に前屈するときにはお尻と太もも裏の筋肉が大事なのですが、ベビーカーを押して坂道を歩いていたことでの筋疲労があり、今回のぎっくり腰につながったようです。

腰にかかっている負担を減らすため、臀筋と大腿部の筋緊張を緩めます。

その後、上部の脊椎から動きの悪くなっている箇所を動かしていきながら背骨の運動を整えました。

肋骨周りの動きも悪くなっていたため、肋骨の調整をして、臀筋やそのほかの弱っていた筋出力を上げるため、筋肉をそれぞれ負荷をかけて動かしてもらいました。

筋肉を緩めるだけでなく動かすことで、筋肉の疲労の元にもなる血流の改善にもつながり、筋緊張がより緩和してきます。

まだ少し痛みは残りましたが、動作は無理なく行えるようになりました。

2回目来院の際には、ほとんど痛みもなくなりしっかりと立てるように指導した後は、痛みなく立ち座りもできるようになりました。

当院では、患部の状態だけでなく、普段の骨格バランスも確認しながら施術を行っています。

骨格が安定していないと骨でなく筋肉で体を支えるためにどうしても体に無理がかかりやすくなります。

まずはしっかりとバランスが取れる体にすることが大事ですので、ケガだけでなく慢性的な肩こりや腰痛でもご相談くださいね。

ご予約はこちら

LINEでのご予約は24時間受け付けています。

こちらの画像をタップしてご予約、ご相談ください。

⬅️LINE予約はこちら⬅️

 


受付時間中は、お電話でもご予約可能です。

こちらの画像をタップしても、電話がつながります。

⬅️電話予約はこちら⬅️

関連記事

  1. 膝痛解消|階段の上り下りで膝が痛む保育士さんのためのストレッ…

  2. ぎっくり腰の湿布の貼り方~温感冷感の違いや効く場所は?

  3. 腰痛・肩こりを治す⁈湿布の代わりにアイシング

  4. 足から膝裏の痛みなのに足底腱膜炎?

  5. ぎっくり腰対策|季節の変わり目に注意する3つのポイント

  6. よくある質問|施術後のだるさについて

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP