患者さんの症例|投げすぎて肘が痛くなった高校生野球部

患者さんの症例 ~肘関節の痛み~

(17歳 高校生 野球部)

バッティングピッチャーをしていて、投球中に肘の張りを感じていたが、続けて投球した際に肘関節をひねったようになってしまい、痛みが出て来院されました。

今回の学生のように、投球中は肘関節の内側に痛みが出ることが多く、痛みを我慢して投げ続けていると「野球肘」になることもあります。

肘関節の内側は手首や指を曲げる筋肉がついており、前腕内側の筋肉が張ってきたり、手首を手の甲側に曲げる動作や肘を伸ばす動作で痛みがひどくなります。

今回のケースでは、靭帯部の損傷よりも軽度の腱損傷があり、上腕骨内側上顆部に痛みがあったので、野球肘の予防もかねて、テーピング固定とストレッチの指導を行いました。

また、投球の際に肘や肩を痛める原因として、上半身と下半身で体がうまく使えなくなってしまうと、手投げになってしまい、野球肩や野球肘になることがあります。

一度に強い負荷がかからなくても、反復的に小さな負荷がかかることで徐々に炎症を起こし、同じ動作をしていても、弱っていた靭帯や腱が急に負荷に耐えられなくなった時に一気にひどくなる場合があります。

日頃からオーバーワークにならないように日ごろのケアが大事になります。

当院では日常的にできるストレッチやテーピングなども指導し、自宅でもケアをしながら一日も早い復帰を目指していきます。

(鍼灸師・あんまマッサージ指圧師・柔道整復師 星野泰隆監修)

ご予約はこちら

LINEでのご予約は24時間受け付けています。

こちらの画像をタップしてご予約、ご相談ください。

⬅️LINE予約はこちら⬅️

 


受付時間中は、お電話でもご予約可能です。

スマートフォンの方は、こちらの画像をタップしてお電話ください。

⬅️電話予約はこちら⬅️

関連記事

  1. 社会活動報告|高齢者を対象にクアハウスで足指セミナー

  2. 当院のコロナウイルス対策について

  3. 社会活動報告|トレーナーとしてオーストリア代表ボルダリングチ…

  4. 腱鞘炎でサポーターをしても手首が痛む時のテーピングと治し方

  5. ソフトボールの練習中に肩を傷めた女子高生

  6. 顎関節症|口を開けると痛む、パキパキ音が鳴る患者さんの症例

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP