投げすぎて肘が痛くなった高校生野球部|患者さんの症例

患者さんの症例 ~肘関節の痛み~

(17歳 高校生 野球部)

バッティングピッチャーをしていて、投球中に肘の張りを感じていたが続けて投球した際に、肘関節をひねったようになってしまい痛みが出て来院されました。

投球中は肘関節の内側に痛みが出ることが多く、無理をし続けると「野球肘」になることもあります。

肘関節の内側は手首や指を曲げる筋肉がついており、前腕内側の筋肉が張ってきたり、手首を手の甲側に曲げる動作や肘を伸ばす動作で痛みがひどくなります。

靭帯部の損傷があまりひどくなく、腱損傷や上腕骨内側上顆部に痛みがあったので、野球肘の予防もかねて、テーピング固定とストレッチの指導を行いました。

ねんざなどは、反復的に小さな負荷がかかっていても徐々に炎症などが出てきて、同じ動作によって急に負荷がかかると一気にひどくなる場合があります。

日頃からオーバーワークにならないように日ごろのケアが大事になります。

当院では日常的にできるストレッチやテーピングなども指導し、自宅でもケアをしながら一日も早い復帰を目指していきます。

当院では、患部の状態だけでなく、普段の骨格バランスも確認しながら施術を行っています。

骨格が安定していないと骨でなく筋肉で体を支えるためにどうしても体に無理がかかりやすくなります。

まずはしっかりとバランスが取れる体にすることが大事ですので、ケガだけでなく慢性的な肩こりや腰痛でもご相談くださいね。

ご予約はこちら

LINEでのご予約は24時間受け付けています。

こちらの画像をタップしてご予約、ご相談ください。

⬅️LINE予約はこちら⬅️

 


受付時間中は、お電話でもご予約可能です。

スマートフォンの方は、こちらの画像をタップしてお電話ください。

⬅️電話予約はこちら⬅️

関連記事

  1. 【膝が痛くなった幼稚園児】

  2. なかなか解消しない股関節痛と足の痺れは腰痛と関係する?原因は…

  3. コーヒーの飲み過ぎをやめたら肩こりが改善する⁈

  4. 野球練習中に膝をケガして水がたまった高校生が来院しました

  5. 【剣道でかかとが痛くなった中学生】

  6. 走り高跳びでの着地の時の足首のねんざ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP