ねちがえの原因となります|ストレートネック

『ストレートネック』(キボテクネック)という言葉はご存知ですか?

ストレートネックとは脊柱(背骨)の中の頚椎と呼ばれる首の骨がまっすぐな状態の事をさします。

「背骨がまっすぐならいいのではないの?」という質問をよく受けますが、脊柱(背骨)はもともと前後に弯曲(わんきょく=曲がって)しています。

首の背骨と腰の背骨は前方に、胸の背骨は後方にそれぞれ生理的に曲がっているのが正常です。

この頚椎の弯曲が少なくなり、ストレートネックになると首を支える後ろ側の筋肉の緊張が強くなります。

筋肉の緊張が強くなると血液循環も悪くなり首や肩が凝りやすくなります。

ストレートネックの原因は?

ストレートネックになる原因にはデスクワークや普段の姿勢などが関係します。

また、首を無理にひねってポキポキ鳴らしたりするのもストレートネックの原因になります。

ポキポキならした後、少しスッとしますがまたすぐに凝ってきたり関節に無理がかかりしびれなどの原因になります。

ストレートネックになり、筋肉の緊張が強くなると普段の何気ない動作でも動きにくくなる為に寝違えなど軽度の捻挫を起こしやすくなります。

簡単にできる予防法

予防は簡単。
首を上下左右に曲げ伸ばしする事です。

ストレートネックになると、首を前方に突きだした姿勢になるので、アゴを引いて身体に頭を近づけてから上下にゆっくり曲げ伸ばしします。

上下にしっかりと曲げ伸ばしをしたら今度は左右にゆっくり曲げ伸ばしします。

頚椎の左右には靭帯がないので、いきなり左右に曲げ伸ばしするとバランスが悪くなりやすいので、必ず始めに上下に曲げ伸ばししてください。

ストレートネックの状態になりやすいのは、スマートフォン操作で多く見られます。
あまりスマートフォンに熱中しすぎて首を痛めないように注意してくださいね。

関連記事

  1. 腰痛を改善するには、ふくらはぎのストレッチが大事です

  2. オスグッドに逆効果⁈やってはいけないストレッチ

  3. ぎっくり腰対策|季節の変わり目に注意する3つのポイント

  4. 【ストレッチ動画】よくある質問~腰痛が起こる原因は?

  5. 接骨院が「捻挫や打撲や肉離れのケガ」にテーピングや包帯やギプ…

  6. 足から膝裏の痛みなのに足底腱膜炎?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP