腰痛でヘルニアと言われた看護師さん

患者さんの症例

40代 女性 看護師

仕事をしていて腰が痛くなり、無理をしていると歩くときに足にも痛みが出て、足を引きずるように歩くようになったと、来院されました。

病院で検査をしたところ、レントゲンとMRIでほとんど異常がなく、おそらく疲れからなのでしばらく安静にしていると楽になる、と言われ安静にしていたが、痛みがあまり変わらないということです。

痛み止めを服用すると、少し痛みが引く感じがあるが、あまり効いている感じがしないとも言われています。

一通りお話をお聞きした後、立位で荷重検査をすると、しっかりと重心が支えられていなくて、特に左足で踏ん張ることができないようです。

さらに検査をしていくと、ヘルニアの所見はなく、荷重がしっかりと支えられていないことによる筋力低下が考えられます。

施術に入る前に、検査結果から荷重がかかるように指導して歩いてもらうと、歩くときの痛みがかなり軽減したようです。

痛みの原因を理解してもらったので、検査結果に基づいて施術を開始。

骨盤の傾きと脊柱の動きの悪さを改善し、きちんと荷重がかかりやすくなるように整えていきました。

一通り整えた後、荷重検査をすると先ほどよりもしっかり踏ん張れるようになっています。

歩いてもらうと、ほとんど痛みはなく歩けるようになったと喜んでいらっしゃいました。

家でのトレーニングと次回の来院を支持して、初回は終了しました。

当院では、患部の状態だけでなく、普段の骨格バランスも確認しながら施術を行っています。

骨格が安定していないと骨でなく筋肉で体を支えるためにどうしても体に無理がかかりやすくなります。

まずはしっかりとバランスが取れる体にすることが大事ですので、ケガだけでなく慢性的な肩こりや腰痛でもご相談くださいね。

ご予約はこちら

LINEでのご予約は24時間受け付けています。

こちらの画像をタップしてご予約、ご相談ください。

⬅️LINE予約はこちら⬅️

 


受付時間中は、お電話でもご予約可能です。

こちらの画像をタップしても、電話がつながります。

⬅️電話予約はこちら⬅️

関連記事

  1. 【補足】当院の感染予防対策について

  2. よくある質問~外反母趾の時はクッションのある靴がいいのですか…

  3. 患者さんの症例|走り高跳びで足首のねんざをした小学生の女の子…

  4. 患者さんの症例|バスケットボール中に転倒し手首をねんざした小…

  5. 患者さんの症例|運動会練習で太ももの肉離れになった中学生野球…

  6. 腰痛が悪化する硬さとは?高反発が合わない方のマットレスの選び…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP