患者さんの症例|ゴルフのスイング中に腰を傷めた30代男性

患者さんの症例

会社員 男性 30代

ゴルフでもともと腰を何度か傷めていて、今回は練習中に腰をひねった患者さん。

ゴルフではスイングによって無理をしてひねるため、腰にかなり無理がかかり、筋肉や靭帯、軟骨などに炎症を起こす場合があります。

腰の場合筋肉が大きく、背骨の支えとなっているため、筋肉の損傷が多くみられます。

ぎっくり腰がその代表格ですが軽度の筋膜性の腰痛症なども多いです。

今回のかたも急にひねる動作が多かったため、踏ん張る際の左の殿筋と背骨を支える脊柱起立筋の緊張がきつく出ていました。

炎症を抑えるためにアイシングと低周波を、筋肉と背骨自身の負荷を軽減させるために整復動作などを行い、施術後は動きやすくなり体を楽にひねられるようになりました。

ゴルフだけでなく、野球やテニスなどスイングする競技では、腰をひねることによる腰の痛みが多いので、いきなりスイングするのは避けるようにしてください。

運動の基本は前後の屈伸ですので腰を曲げ伸ばしして、体をほぐしておいてからスイングなどの練習するようにしてくださいね。

(鍼灸師・あんまマッサージ指圧師・柔道整復師 星野泰隆監修)

ご予約はこちら

LINEでのご予約は24時間受け付けています。

こちらの画像をタップしてご予約、ご相談ください。

⬅️LINE予約はこちら⬅️

 


受付時間中は、お電話でもご予約可能です。

こちらの画像をタップしても、電話がつながります。

⬅️電話予約はこちら⬅️

関連記事

  1. 【患者さんの症例】小学生男子サッカー中に膝の痛み~ジャンパー…

  2. 成長期スポーツ障害|ジャンパー膝、野球肘、テニス肘、腰痛

  3. 腰痛が悪化する硬さとは?高反発が合わない方のマットレスの選び…

  4. ダイエットでのウォーキングについて

  5. 患者さんの症例|走り高跳びで足首のねんざをした小学生の女の子…

  6. 6月25日開催|立ち座りが楽になる腰痛予防講座のお知らせ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP