サッカーで股関節を負傷した学生

今日は久しぶりに、まじめな治療の話をします(^^)

小学生の男の子が、サッカー中に股関節を負傷し、当院に来院されました。

試合中に、ボールを蹴っていて股関節をひねったようです。

傷めた後も、走ったり練習ができたので無理をしていましたが、年末の休み中に痛みが悪化し病院で見てもらっても痛みがなかなか取れず、当院に来院されました。

細かく検査をしていくと、股関節の動きの悪さや、内転筋群や股関節屈筋群に圧痛が強くあり、股関節の屈曲と開排に痛みが強くあるようでした。

さらに骨盤や背骨のバランスをチェックしたところ、仙腸関節という骨盤の真ん中にある関節が左右で大きく痛みの差があり、関節の運動による差も大きく出てきていました。

そこでバランスチェックを行い、股関節、骨盤、脊椎とそれぞれの連動性を高めながらそれぞれを正しい位置に矯正していきました。

可動域、圧痛を確認し、左右差がなくなったところで下肢の屈伸運動、もも上げ運動など検査をしていき、痛みが出ないことを確認して今日の治療を終わりました。

カウンセリングと検査を十分に時間をとって行なったので、治療は時間にして約10分。

ほとんどの痛みの症状が取れ、今後の自宅でのメンテ、現状の説明をしました。

ケガは、痛みが取れても治ったわけではありません。

しっかりと原因を取り除き、元に戻りにくくするエクササイズなど日々のメンテナンスがしやすくなる状態まで回復し、初めて治癒となります。

無理をすれば、またケガをして痛みがぶり返します。

しっかり整えてやることで、痛みが出にくくなってきますので股関節、ひざの痛や成長痛などでなかなか治らない方はご相談ください。

当院では、患部の状態だけでなく、普段の骨格バランスも確認しながら施術を行っています。

骨格が安定していないと骨でなく筋肉で体を支えるためにどうしても体に無理がかかりやすくなります。

まずはしっかりとバランスが取れる体にすることが大事ですので、ケガだけでなく慢性的な肩こりや腰痛でもご相談くださいね。

関連記事

  1. 柔道で肩を負傷した中学生男子

  2. コルセットで腰痛が改善する巻き方は?効果はある?

  3. 半年で3回も半月板の手術をした高校生

  4. 肩こりが治らないのは目の奥が痛む頭痛が原因?解消するためのマ…

  5. 腰痛ストレッチ|朝から辛い腰痛を改善するために寝ながらできる…

  6. 妊娠中の頭痛|原因と解消方法〜首と骨盤周りのストレッチ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP