手をついて転倒し手首をねんざ~バスケットボール部~

患者さんの症例

バスケットボール 男性 小学生

バスケットボールの練習中転倒し手をついた際に、左手をついて手首をねんざし来院されました。

病院でレントゲンを撮って骨に異常がなく、明日の試合にどうしても出なくてはいけないからと、緊急で応急的に治療とテーピングをしてほしいといわれました。

当院でも改めて手首の状態を確認しましたが、やはり骨折はありませんでしたので治療を行うこととしました。

詳しく検査をすると、手首にある尺骨と橈骨という左右2本の骨が開いており、手首の関節のバランスが崩れています。

その関節に対して整復術を行い、関節の可動域を十分動くように調整したところ、手を着けるようになりました。

最後にテーピングで固定し、荷重をかけても疼痛が出ないようになったので、初診の施術は終了しました。

今回の患者さんのように、緊急でのテーピングも行いますが、こういった処置はあくまでも応急的なものです。

実際にねんざした状態が回復するまでには、この場合では3週間ほどかかります。

痛みが減っているからといって治ったのとは違いますので、無理をすると悪化してしまいます。

テーピングの固定は、あくまでも運動の補助と思っていただいた方がいいです。

ケガが重傷な場合は、ギプスや包帯での固定が早く競技に復帰できます。

ギプス固定の症例はこちら

当院では、患部の状態だけでなく、普段の骨格バランスも確認しながら施術を行っています。

骨格が安定していないと骨でなく筋肉で体を支えるためにどうしても体に無理がかかりやすくなります。

まずはしっかりとバランスが取れる体にすることが大事ですので、ケガの時にはお早めにご相談くださいね。

関連記事

  1. 肩こりの解消に顔を上下するだけ「簡単うなずき運動」

  2. 捻挫にも鍼は有効?|バスケットボールで足首捻挫

  3. 半年で3回も半月板の手術をした高校生

  4. セルフケアの動画をまとめました〜スポーツのケガ編〜

  5. あんまとマッサージの違いって?

  6. ぎっくり腰の湿布の貼り方~温感冷感の違いや効く場所は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP