捻挫の治癒期間について

来院される患者さんの話を聞いていると良く言われるのがこんな間違いが多くありま す。

骨折よりひどい捻挫の方が治りが悪い!

なぜだかこういう勘違いをしてるようです。

これには実はある背景が関係してます。

捻挫の場合、完全に治って無くても動かす事が出来るため実は治りきってないままずっと残ってる場合があります。

その時は靭帯も不完全なまま関節を動かすので反復して捻挫をしたりします。

その繰り返しがひどかったら治りが悪いと言われます。

捻挫には3段階のレベルがあります

①軽度の捻挫で靭帯損傷はあっても伸びる程度。関節の不安定は無い。

②中等度の捻挫で靭帯損傷により部分断裂があり、軽い関節の不安定、機能障害がある。

③強度の捻挫で靭帯損傷により完全に断裂がある。

関節の不安定及び機能障害が強く手術が適応になる。

このように捻挫で不安定な関節の状態を改善する為にテーピングやサポーターなどの固定が必要になります。

ただ、先にも言いましたがある程度回復したら、何も固定せずとも痛みが軽いまま動かす事が出来るので反復捻挫しやすくなります。

実際に第2度、中等度の捻挫では1週間くらいで動かす事が出来ますが最低3週間は固定した方が治りが早くなります。

もちろん治癒過程に従って固定は軽くなっていきます。

完全に治癒となると3ヶ月は要ると考えて下さい。

ただしこれは一般論です。

年齢性別やその後の使用目的により固定期間や固定強度の調整が必要です。

しっかり治療して反復捻挫しないよう注意しましょう。

当院では、患部の状態だけでなく、普段の骨格バランスも確認しながら施術を行っています。

骨格が安定していないと骨でなく筋肉で体を支えるためにどうしても体に無理がかかりやすくなります。

まずはしっかりとバランスが取れる体にすることが大事ですので、ケガだけでなく慢性的な肩こりや腰痛でもご相談くださいね。

ご予約はこちら

 

 
LINEでのご予約は24時間受け付けています。

こちらの画像をタップしてご予約、ご相談ください。

⬅️LINE予約はこちら⬅️

 


受付時間中は、お電話でもご予約可能です。

スマートフォンの方は、こちらの画像をタップしてお電話ください。

⬅️電話予約はこちら⬅️

関連記事

  1. 新型コロナ感染予防のため、今治市保育幼稚園課に子供用マスク1…

  2. 社会活動報告|今治市社会福祉協議会にマスク1000枚を寄付し…

  3. 足の骨折の疑いがある柔道選手

  4. ダイエットはカロリーオフより糖質オフ?

  5. 変形性膝関節症で内側の痛みを改善するテーピング

  6. オスグットとジャンパー膝の違い

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP