【ストレッチ動画】よくある質問~腰痛が起こる原因は?

患者さんからのよくある質問から、今回は腰痛をピックアップしますね。

スポーツや日常生活でみなさんが出会う事の多いぎっくり腰。

姿勢や反復的な動作による慢性型など、いろいろありますが基本的には大体一緒で腰の筋肉だけが原因ではありません。

腰を支えているのは脚の筋肉や腹筋、それにお尻の殿筋群です。

これらが過剰な負荷や微細でも反復、持続的に刺激が加わると、筋肉の弾力が失われ腰椎など背骨や骨盤に通常より過負荷がかかります。

腰椎には主に前向きに剪断力が加わり、成長期には分離症や辷(すべり)症が起こります。

また骨盤には左右の荷重のずれが起こり、仙骨を中心とした左右のねじれや、それに伴う脊柱の弯曲が起こります。

それぞれの骨に付着した筋肉は、弯曲やねじれに沿って前後左右の緊張差が出るため、筋力の差が出てきて満足に動けなくなります。

では予防や治療はどうするかですよね?

家庭では下肢のストレッチと腰椎の自己矯正が簡単にできる方法です。

【ストレッチ】
ストレッチは片足ずつ行います。

片足伸展、片足をあぐら。伸展した膝を同側の手で押さえ、脚に沿って反対の手をすべらします。

止まるところで腰を反らして20秒キープしてください。

1つ目の動画で解説していますので、ご覧くださいね。

【腰椎の自己矯正】

布団を少しずらして2つ折にします。

折りたたんだ段のうえがわに骨盤の前側の出っ張りを乗せて5分うつぶせで寝てください。

寝る時間が長くても戻りにくくなるので注意が必要です。

2つ目の動画でも解説していますので、ご覧くださいね。

腰痛の原因は、反復的な筋の疲労や内蔵からの反射痛そして冷えなどがあり、ヘルニアなどが原因のものは実は少ないとも言われています。

様々な原因が複合して起こることもありますので、慢性的な腰痛が気になる方は1度ご相談くださいね。

当院では、患部の状態だけでなく、普段の骨格バランスも確認しながら施術を行っています。

骨格が安定していないと骨でなく筋肉で体を支えるためにどうしても体に無理がかかりやすくなります。

まずはしっかりとバランスが取れる体にすることが大事ですので、ケガだけでなく慢性的な肩こりや腰痛でもご相談くださいね。

関連記事

  1. 患者さんの症例|肩こりからの頭痛でお悩みの妊婦さん~ヘルペス…

  2. 免疫力アップのツボにお灸をしてコロナ対策

  3. 運動会の練習で太ももの肉離れ(野球部)

  4. 自宅で出来る学生向けのマッサージ③

  5. 社会活動報告|今治市社会福祉協議会にマスク1000枚を寄付し…

  6. 頭痛のツボ|後頭部や目の奥が痛くて吐き気がする時のツボ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP