よくある質問~ぎっくり腰やねちがえはねんざです~

近ごろ急な寒さや夏の疲れから、来院される方にぎっくり腰や寝違いなどが増えてます。

ところでぎっくり腰や寝違いの病名は何だと思いますか?

患者さんからよく聞かれるので、今回のブログで説明しますねd(^_^o)

【ぎっくり腰は腰部捻挫、寝違いは頚部捻挫です】

そうです。

実はぎっくり腰も寝違いも捻挫なんです。

捻挫のため関節周囲の筋肉や靭帯、重症では軟骨や骨膜の損傷まで起こります。

特にぎっくり腰や寝違いは背骨の周りに筋肉が多くあるので、受傷直後は筋肉の緊張がひどくなります。

ぎっくり腰は背筋や腹筋が強いため、靭帯や軟骨の損傷になる前に筋肉で止まるのですが、そのために少し痛みがひくと動かせるため再発しやすく、クセになると思われやすいです。

ぎっくり腰やねちがえはねんざなのに、痛くても動かせてしまうからそう思われてしまうんです。

足首の捻挫して痛みがひいたからってすぐに走ったりしませんよね?

ぎっくり腰や寝違いも、足首の捻挫と同じように関節や靭帯や筋肉の損傷です。

しっかり身体を休めて無理をしないでくださいね(^^)

ちなみに…ぎっくり腰や寝違いの直後は冷やしてください。『捻挫』ですからね。

(鍼灸師・あんまマッサージ指圧師・柔道整復師 星野泰隆監修)

ご予約はこちら

LINEでのご予約は24時間受け付けています。

こちらの画像をタップしてご予約、ご相談ください。

⬅️LINE予約はこちら⬅️

 


受付時間中は、お電話でもご予約可能です。

こちらの画像をタップしても、電話がつながります。

⬅️電話予約はこちら⬅️

関連記事

  1. 【腹筋の筋力低下からのぎっくり腰】

  2. よくある質問|ダイエットでリバウンドするのはなぜ?

  3. 腰痛でヘルニアと言われた看護師さん

  4. 【バスケでふくらはぎの肉離れを起こした小学生女子】

  5. ぎっくり腰の湿布の貼り方~温感冷感の違いや効く場所は?

  6. 季節の変わり目に多い腰痛には下半身の冷え予防が大事です

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP