季節の変わり目|ぎっくり腰や寝違えが増えてきた

この最近朝晩が急に寒くなってきましたね。

寒くなってくると急に増えてくるのが「ぎっくり腰」や「寝違え」などのいわゆるスジを違えた痛みです。

スジ違いは筋(スジ)違い、実は筋肉の損傷による痛みです。

ぎっくり腰や寝違えは意外に思うかもしれませんが、腰や首の「ねんざ」です。

ひどい捻挫は関節を傷めますが、腰や首の周りには筋肉がたくさんあるので、靭帯や関節の損傷に加えて、筋肉の損傷から関節周囲の張りが出てきて動作がしにくくなります。

また、この時期は季節の変わり目でもあるので、夏の疲れや温度差から自律神経の乱れも出やすくなります。

また、筋肉や関節の緊張が強くなりやすいため、筋違いのような経度から中等度の捻挫が多くなります。

もう一度言いますね。
ぎっくり腰や寝違えはねんざです。

捻挫なので動いていると悪化してクセになることもあります。

いつもの腰痛だ、寝違えだと放置せずに早めのケアが大切です。

筋違いのことで気になることがあれば何でもご相談くださいね。

当院では、患部の状態だけでなく、普段の骨格バランスも確認しながら施術を行っています。

骨格が安定していないと骨でなく筋肉で体を支えるためにどうしても体に無理がかかりやすくなります。

まずはしっかりとバランスが取れる体にすることが大事ですので、ケガだけでなく慢性的な肩こりや腰痛でもご相談くださいね。

関連記事

  1. 肩こりと腰痛解消に効果的なテレワーク・在宅ワーク中の座り方

  2. セルフケアの動画をまとめました〜スポーツのケガ編〜

  3. 腱鞘炎で手首や指を動かすと痛い|症状を改善するポイントは腕&…

  4. エクササイズ動画あり|女性の産後骨盤の悩みを改善する方法につ…

  5. 免疫力アップに当院が貢献できること

  6. 【剣道でかかとが痛くなった中学生】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP