季節の変わり目|ぎっくり腰や寝違えが増えてきた

この最近朝晩が急に寒くなってきましたね。

寒くなってくると急に増えてくるのが「ぎっくり腰」や「寝違え」などのいわゆるスジを違えた痛みです。

スジ違いは筋(スジ)違い、実は筋肉の損傷による痛みです。

ぎっくり腰や寝違えは意外に思うかもしれませんが、腰や首の「ねんざ」です。

ひどい捻挫は関節を傷めますが、腰や首の周りには筋肉がたくさんあるので、靭帯や関節の損傷に加えて、筋肉の損傷から関節周囲の張りが出てきて動作がしにくくなります。

また、この時期は季節の変わり目でもあるので、夏の疲れや温度差から自律神経の乱れも出やすくなります。

また、筋肉や関節の緊張が強くなりやすいため、筋違いのような経度から中等度の捻挫が多くなります。

もう一度言いますね。
ぎっくり腰や寝違えはねんざです。

捻挫なので動いていると悪化してクセになることもあります。

いつもの腰痛だ、寝違えだと放置せずに早めのケアが大切です。

筋違いのことで気になることがあれば何でもご相談くださいね。

(鍼灸師・あんまマッサージ指圧師・柔道整復師 星野泰隆監修)

ご予約はこちら

LINEでのご予約は24時間受け付けています。

こちらの画像をタップしてご予約、ご相談ください。

⬅️LINE予約はこちら⬅️

 


受付時間中は、お電話でもご予約可能です。

こちらの画像をタップしても、電話がつながります。

⬅️電話予約はこちら⬅️

関連記事

  1. 雨や寒さで関節が痛くなる理由〜コリオリの力

  2. 【ストレッチ動画】よくある質問~腰痛が起こる原因は?

  3. 6月25日開催|立ち座りが楽になる腰痛予防講座のお知らせ

  4. 足底腱膜炎の症状改善|痛みを改善するための靴の選び方

  5. 患者さんの症例|運動会練習で肉離れになった女子中学生ソフトボ…

  6. 社会活動報告|トレーナーとしてオーストリア代表ボルダリングチ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP