よくある質問|活性酸素と老化について

健康の為に日常生活で運動している人が増えています。

運動により酸素の消費量は増えますがその一方で活性酸素も多く生成されます。

活性酸素は細胞膜中の不飽和脂肪酸を攻撃し細胞を障害します。

もともと成体には、活性酸素やフリーラジカル(電子的に不安定な物質で細胞から電子を奪い破壊する)を消去する防御機構がありますが、生成のほうが多くなり消去とのバランスが崩れると老化が起こります。

通常の呼吸で酸素消費量の2%が活性酸素になります。

運動により交感神経が優位になると体温が上昇し活性酸素の発生率が増加します。

適度の運動であれば脂質過酸化反応を抑制する抗酸化系の防御機構が働きます。

ですが過度の運動は脂質過酸化反応を促進し、細胞に過酸化脂質(不飽和脂肪酸など)が蓄積して細胞を障害します。

なぜ老化するのか…

体重あたりの酸素消費量が多いと代謝率が上昇し全ての反応(酸化やエネルギー産生など)が速く行われるので、それだけ老化が進みます。

ビタミンA、C、Eやポリフェノール、リコピン、イソフラボンなどの抗酸化作用のあるものを取ることにより、予防することができます。

食物ではトマトやキウイ、大豆、また一日に一杯の赤ワインも老化を防ぐと言われています。

当院では、患部の状態だけでなく、普段の骨格バランスも確認しながら施術を行っています。

骨格が安定していないと骨でなく筋肉で体を支えるためにどうしても体に無理がかかりやすくなります。

まずはしっかりとバランスが取れる体にすることが大事ですので、ケガだけでなく慢性的な肩こりや腰痛でもご相談くださいね。

関連記事

  1. 頭痛のツボ|後頭部や目の奥が痛くて吐き気がする時のツボ

  2. 公園で遊んでいたらバドミントンで手首をねんざ

  3. 【犬の散歩中に引っ張られて転倒】肩・首の痛みがある40代女性…

  4. 祝!今治西高校サッカー部 インターハイ初出場決定 |星野鍼灸…

  5. 免疫力アップに当院が貢献できること

  6. 腰痛の治療に最適な筋トレってあるの?自宅でできる症状別トレー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP