バスケットボールでの親指の突き指

【患者さんの症例】

小学生 女子 バスケットボール部

バスケットボール中にあやまって親指をねんざしてしまい、1週間後の試合と合宿に出たいということで来院されました。

状態を確認すると、親指付け根をねんざして曲げ伸ばしができにくい状態でした。

突き指(ねんざ)の場合、関節の動く範囲(可動軸)がずれてしまい、曲げ伸ばしがしにくくなりそのままでは回復も遅くなります。

関節の動く範囲を超えて外れてしまうと脱臼になり、外れかけている状態を亜脱臼、ずれた状態が捻挫になります。

つまり、関節がずれるような負荷がかかる事で関節を傷めてしまい、痛みや動作に異常が出る状態です。

治療はまず関節が動く位置(可動軸)を元に戻し、動きを正常にしていきました。

軸を合わせて可動範囲が広がったことを確認してもらい、テーピングで固定して、また関節の動き(可動軸)が異常にならないように安静にします。

その後、1週間毎日来院していただき、炎症を引かせる施術と固定を行い、腫れや運動痛も軽減したので、なんとか合宿に間に合いました。

ねんざだけでなく、ケガは状態により治癒期間は異なります。

当院ではなるべく初診時に、治癒期間の目安をだし、治療計画を立てて、目標とする試合などに間に合うかの判定をします。

きちんと治療して早く復帰できるよう何でも聞いてくださいね。

※治癒期間は受傷時の状態や安静により変わることがあります。

ご予約はこちら

LINEでのご予約は24時間受け付けています。

こちらの画像をタップしてご予約、ご相談ください。

⬅️LINE予約はこちら⬅️

 


受付時間中は、お電話でもご予約可能です。

スマートフォンの方は、こちらの画像をタップしてお電話ください。

⬅️電話予約はこちら⬅️

関連記事

  1. エクササイズ動画あり|女性の産後骨盤の悩みを改善する方法につ…

  2. 自宅で正しく簡単アイシング

  3. 坐骨神経痛で椅子に座ると痛む時に効果的!ふくらはぎ〜太ももも…

  4. ゴルフのスイング中に腰を傷めた男性

  5. ふくらはぎの筋損傷=肉離れの治療|患者さんの症例

  6. 第3回テーピング&パートナストレッチ教室 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP