腰痛の予防体操をすると腰痛がひどくなる?

今日は、腰痛の予防のために体操をすると、逆に悪化してしまう理由と対処法をお話しします。

今回このお話をしようと思ったのは、腰痛で来院する患者さんの中に、予防のために体操をするがなかなかよくならないという方が多く、せっかく体操しているのに逆効果になっている方がほとんどだからです。

ちょっとの違いで腰痛予防効果は上がりますので、解説していきます。

YouTube動画では腰の負担を減らす方法についてお話ししていますので、一緒にご覧ください。

腰痛予防体操をしても腰痛が良くならない理由

腰痛で病院に行くと予防のために腰痛体操を進められる事が多く、YouTubeでも予防体操はとても多くあります。

腰痛になる理由は、動作をする際に腰に負担がくる動作になっているために腰痛になります。

つまり腰痛予防のために体操をしても、腰に負担がくる動作をしてしまうために腰痛予防にならないという事です。

まずは腰に負担がこない動作を取れるようにする事が大事です。

腰の負担を減らすには足がポイント?

腰の負担を減らして運動するには、正しい姿勢でバランスよく立つ必要があります。

身体を家で例えると、骨盤と背骨は柱と同じく身体を支えてくれるものです。

柱が真っ直ぐ立つためには、家全体を支える土台や基礎の部分が大事ですよね。

身体の中で土台や基礎になるのが「足」です。

腰に負担が来て腰痛になりやすいのは、土台や基礎となる足全体で踏ん張れず、かかと重心になっている事が原因です。

つまり、足全体でしっかりと踏ん張れる状態を作って運動すると、腰の負担を減らして腰痛予防の運動ができるという事です。

今回の話をまとめると

①腰痛予防のために体操をしてもよくならず、悩んでいる方が多くいる。
②腰痛になる理由は、腰に負担がくる動作をしてしまうからなのに、腰痛予防のために体操をしても腰に負担がくる動作のまま体操をするから。
③まずは負担がこない動作をとる必要があり、そのためには足が大事。
④足がしっかり踏ん張れれば腰に負担がこない。

これだけでも腰痛が緩和する方は多いですが、なかなか改善しにくい方は、歪みが大きくうまく動きが取れない事があります。

そういった場合は、きちんと歪みを整えてバランスよく動ける状態にしていく必要がありますので、当院にご相談ください。

当院では、患部の状態だけでなく、普段の骨格バランスも確認しながら施術を行っています。

骨格が安定していないと骨でなく筋肉で体を支えるためにどうしても体に無理がかかりやすくなります。

まずはしっかりとバランスが取れる体にすることが大事ですので、ケガだけでなく慢性的な肩こりや腰痛でもご相談くださいね。

ご予約はこちら

LINEでのご予約は24時間受け付けています。

こちらの画像をタップしてご予約、ご相談ください。

⬅️LINE予約はこちら⬅️

 


受付時間中は、お電話でもご予約可能です。

スマートフォンの方は、こちらの画像をタップしてお電話ください。

⬅️電話予約はこちら⬅️

関連記事

  1. 改善?それとも悪化?筋トレをしてもいい腰痛と休む方がいい腰痛…

  2. バレーボールでの着地に失敗して足首ねんざ

  3. 子供が頭を打ったときの判定方法

  4. 新型コロナ感染予防のため、今治市保育幼稚園課に子供用マスク1…

  5. 腰を曲げると腰痛が悪化する場合におすすめの改善方法

  6. 捻挫にも鍼は有効?|バスケットボールで足首捻挫

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP