立ち上がる際にぎっくり腰になった男性

患者さんの症例

自営業 50代 男性

立ち上がる際に急に腰に痛みが走り、曲げ伸ばしができなくなったという方がご来院されました。

ぎっくり腰になる前に、海岸で清掃作業をしていて少し腰が重いなーという感じがあったそうです。

また、もともと座り仕事でパソコン作業が多く、長時間座っていることが多いので、立ち上がりには気を付けていたということでした。

来院された時の状況は、座位での腰部の前後屈および側屈や回旋は痛みがなく、立位での前屈時に特に痛みを感じるようです。

その他には、立ち上がる時や寝ていて起きるときの痛みがあり、動作をするのに不安があるということでした。

身体の状態を見ていくと、腰椎の前弯が少なく、特に右の仙腸関節周囲の運動があまりできていないようです。

それに伴い、右の殿筋から大腰筋や多裂筋における筋緊張があるため、左の腰部に負荷がかかり、左側にも痛みが出ています。

それぞれの筋緊張が緩和するように施術を行い、骨盤の運動をスムーズになるようにととのえると、痛みがかなり減ってきました。

まだ前屈すると痛みが出るようでしたので、体幹を支えるために局所的にトレーニング。

その後、運動してもらうと前屈もかなりスムーズにできるようになりました。

当院では、患部の状態だけでなく、普段の骨格バランスも確認しながら施術を行っています。

骨格が安定していないと骨でなく筋肉で体を支えるためにどうしても体に無理がかかりやすくなります。

まずはしっかりとバランスが取れる体にすることが大事ですので、ケガだけでなく慢性的な肩こりや腰痛でもご相談くださいね。

ご予約はこちら

 

LINEでのご予約は24時間受け付けています。

こちらの画像をタップしてご予約、ご相談ください。

⬅️LINE予約はこちら⬅️

 


受付時間中は、お電話でもご予約可能です。

スマートフォンの方は、こちらの画像をタップしてお電話ください。

⬅️電話予約はこちら⬅️

関連記事

  1. 自宅で出来る学生向けのマッサージ③

  2. 【テニス肘】公式テニスでサーブでの肘の痛み|患者さんの症例

  3. 公園で遊んでいたらバドミントンで手首をねんざ

  4. 患者さんのお声をいただきました|中学野球日本代表

  5. テレビ局から取材を受けたジェットバスの入り方

  6. 捻挫の治癒期間について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP