ハンドボールでシンスプリントになった女子校生

こんばんは、今治市上徳の星野鍼灸接骨院院長星野です。

今日は、久しぶりにこちらでも最近多い症例をご紹介します。

スポーツをしていると、どうしても多い足の痛み。

痛みの出る原因はケガだけでなく、オーバーワークによる疲労が原因の機能低下もあります。

当院はスポーツ外傷とスポーツ障害のかた、そして産後の骨盤矯正の方が多くご来院されています。

今日紹介するシンスプリントは、スポーツ障害でメジャーなものです。

患者さんの症例

【患者】高校1年生 女子 ハンドボール部

中学生時代は柔道をしていて、高校からハンドボール部に入る。

練習中にふくらはぎ内側に痛みを感じ走れないほどになり、当院にご来院いただきました。

当初の症状としては、両足に歩行時の痛みがあり、階段やジョギング程度の軽い走る動作でも激痛が出ていました。

【施術】

まずはじめに、身体のバランスのチェックをします。

前後左右上下の重心位置を確認。重心がやや真ん中からずれていた為、座った状態や立った状態で身体を押すと踏ん張りきれない方向があります。

実はスポーツ障害の多くは、この体の重心バランスのズレが原因で起こります。

重心が中心部からずれたままだと、身体を支えるために無理な力が入ってしまい、それが運動の邪魔をしたり、過度な筋肉の緊張・コリを作ってしまいます。

このずれたバランスを整えることで、スポーツ障害の痛みの半分くらいが取れてしまうこともあるくらい、重要です。

身体のバランスを整えた後、足の筋肉や骨にかかる負荷を軽減させるために、特に負担が来ていた筋肉と、その負担を作る原因となっていた弱った筋肉を調整してしっかりと力が入りやすくしていきます。

そして、日常的な負担を減らすためテーピングなどで筋肉や関節、骨をサポートしていきます。

【もう一つの重要なこと】

この写真は思いっきり力を入れて足の指を握っている状態です。

ほとんど握れていないのがわかると思います。

実はスポーツ障害の大きな原因の一つにこの足指が使えていないことがあります。

足指が使えないことで、地面をしっかりつかむことができず、踏ん張ったり、土踏まずのクッションが使えないことで関節や骨により多くの負担がかかってしまい、痛みを発生します。

長くなるので、詳しくはまたの機会に説明しますね。

——-

シンスプリントやオスグッド、ジャンパー膝など、多くの足のスポーツ障害は重心バランスの崩れや足指の機能不全で起こりやすくなります。

スポーツ障害は、単なるケガではありません。

痛みのある場所だけ治療して、なかなか痛みが引かない方など、あなたの周りで足の痛みでお困りの方がいましたら、当院にご相談だけでもどうぞ。

当院では、患部の状態だけでなく、普段の骨格バランスも確認しながら施術を行っています。

骨格が安定していないと骨でなく筋肉で体を支えるためにどうしても体に無理がかかりやすくなります。

まずはしっかりとバランスが取れる体にすることが大事ですので、ケガだけでなく慢性的な肩こりや腰痛でもご相談くださいね。

関連記事

  1. 当院の患者さんが中学野球日本代表へ!

  2. 運動していい痛みとダメな痛みの見分け方

  3. 腰痛でヘルニアと言われた看護師さん

  4. 接骨院院長が教える顎関節症の痛みに対するストレッチとマッサー…

  5. 接骨院が「捻挫や打撲や肉離れのケガ」にテーピングや包帯やギプ…

  6. 肩こりを改善するためのタオルを使った枕の高さを合わせる方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP