テニス肘~ラケットを振った時の肘の痛み


d817ebac2b35b5e387cd5e3624ef1b7a_s

テニスをしている学生やアスリートに多い悩み。
その代表例が、上腕骨外側上顆炎と呼ばれる肘の外側の痛みです。

外側上顆炎は、テニスをしている方に多いことから、
テニス肘と呼ばれることもあります。

テニスをやっていて当院に来院される方でも、テニス肘は一番多い症例です。

今回は、テニス肘の痛みについて当院の治療方針と、
簡単なケアについてこちらでまとめていきますので、
一度ご覧になってくださいね。

 

ボールを打つタイミング、ズレていませんか?

テニスで傷めることが多い肘外側の痛みですが、
原因の多くは、ラケットでボールを打つタイミングの
ちょっとした『ズレ』がほとんどです。

特にバックハンドでボールを打つときに、ほんのわずか
タイミングがずれることで、前腕の筋肉が伸びた状態で
無理やり打つため過負荷がかかり痛みが出やすくなります。

『ズレ』はちょっとタイミングが遅れるためにおこります。

このわずかにズレることの反復的な刺激によりオーバーワークになり、
伸びて固くなった腕の筋肉が、肘の骨を牽引することで、
肘の骨に炎症を起こす原因になります。

 
ラケットで打つタイミングのずれをチェックする方法は、
自宅でも簡単に行えます。
 

自宅でできるチェック方法


2018-06-05 17.11.56
①ラケットを持って、ボールの当たる位置をイメージして柱を押す

この時に、いつもボールを打っている角度で柱を押してみてください。
柱の代わりに、タンスでも構いません。

②ラケットを持たずに、手で柱を押す

ラケットを持っているつもりで、ボールを打つ角度で柱を押してみてください。
この時に、ひじや肩に痛みがあるときは、ムリな角度で身体を使っています。

③手で柱を押しながら、一番力の入る角度を探す。

ラケットを持っているつもりで柱を押していきますが、この際に一番力の入る角度を探します。

一番力の入る角度と、痛みが出ている角度が同じ場合は、
かなり炎症が進んでいますので、すぐに接骨院を受診してください。

自宅で出来るストレッチとアイシングケア

肘の痛みがある場合は、テーピングやアイシング、ストレッチが
自宅でのケアには最適です。

●【今治】星野鍼灸接骨院〜テニス肘のテーピング
テープの貼り始めと貼り終わりは2cm引っ張らずに貼ります。

●アイシングについて
使いすぎの痛みには、アイシングが有効だということは
ご存知だと思いますが、効果的に効かせる方法があります。

①患部を氷で冷やす
・急な痛み、強い痛みの場合 → 15分以上
・慢性的な痛み、筋肉痛 → 10分以下

②患部を温める。シャワーやお湯につかって温めます。
・急な痛み、強い痛みの → 5分以下
・慢性的な痛み、筋肉痛 → 15分以上

③安静 もしくは ストレッチ
・温めた後、15分以上安静時間をとってください。
・もしくは、軽いストレッチを行います。

●ストレッチ
肩甲骨のストレッチ

肘の痛みは肩甲骨の動きもとても大事です。
肩甲骨の動きは体の歪み、姿勢がとても関係します。

体の歪みからも肘の痛みにつながります


小学生姿勢
肘の痛みで来院する方は、テニスだけでなく野球でも多く、
ほとんどの方が姿勢にも原因があります。

こちらの写真はかなり猫背になっていて、
まっすぐ立てていないことがわかります。

腕を振った際に痛みが出ると来院されましたが、
お母さんも姿勢の悪さに気がついていませんでした。

体が歪んでくると、重心を支える体幹が安定せず
手や足を動かした際にとても無理をしながら動くようになります。

当院でできること

肘を動かす際にも、その土台となる重心が安定し
体幹がしっかりしていないと、腕がスムーズに動きません。

当院では、オーバーワークになる大きな原因である
身体の歪みを足の指まで全身60箇所以上検査し、
どのようにバランスが崩れているのかを確認していきます。

検査結果を元に歪みを整え、重心の位置を安定させて、
体幹をしっかり動かせるようにします。

重心が安定し、動作の土台となる体幹に軸を作ることで
腕がしっかり振れる動きやすい体になります。

 
また、歪みの原因に合わせ、自宅でできるトレーニングや
ストレッチも指導していきます

 
さらに、愛媛県に28人しか登録されていない
アスレティックトレーナーのスタッフによる柔軟性、筋力、可動性、
運動能力のフィジカルチェックを行い、全身をトータルで
トレーニングすることでさらに運動パフォーマンスを
あげることもできます。

トレーニングについてはこちらをご覧ください→トレーニング・コンディショニング

外側上顆炎は、使い過ぎの痛みといわれますが、
テニスをしている人全員が痛むわけではありません。

肘を無理やり使っている、肘に無理が来る体の使い方をしている
ということを考えていきましょう。

お気軽にお問い合わせください


院長は、国家資格であるあん摩マッサージ指圧師、鍼灸師、柔道整復師
の資格を持ち、合わせて5000時間ほどの医療を学んで来ました。
 
また、スタッフは今治ではただ一人だけの、柔道整復師と
オリンピック選手の強化のために作られた日本スポーツ協会公認の
アスレティックトレーナーの資格を持っています。
 
一般的に、これらのそれぞれの施術を別々に受けるとなると、マッサージ5400円・鍼灸5400円・カイロプラクティック5400円・整体5400円・パーソナルトレーニング5400円とおおよそ25000円の内容が、当院ではあなたにとって適切なタイミングで、5400円で受けることができます。
 
どこの治療院に行けばいいの?
トレーニングで強化もしたいとお考えなら、まずはご連絡ください。
 

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は


このページの先頭へ