夜泣き


ベビー整体

当院は産前産後のママさんのケアをしています。

キッズスペースがありますので、子ども連れでの

産後の骨盤調整でのご来院も多いです。

 

そんな当院に来意されるベビーちゃんを子育て中のママさんは、

子どもの夜泣きやかん虫などでお困りの方が多くいます。

 

4人の子どもの父親であり、鍼灸師である私が、

すこしでも子育て中のママさんのサポートになればと思い

夜泣きやかんむしについて書きましたので一度ご覧になってくださいね。

 

夜に泣いていなくても夜泣き?

 

うちの子は夜泣きはないよーと言っている方でも、

夜になかなか寝ない子は案外多いです。

 

 夜泣きは、夜中に泣いて寝てくれないだけでなく、

泣かないまでも夜中に遊んでいたり寝つきが悪かったりすることも

実は夜泣きと同じことなんです。

 

夜泣きやかん虫は、病気などではなく成長の証し。

 

 知恵熱などはよく聞くと思います。

関西では、夜泣きやかん虫の赤ちゃんを見ると、

おばちゃんたちは『かしこくなるでー』と言ってくれたりします。

 

 それだけ、感受性が強くとても頭を使うので、神経が疲れて興奮している状況です。

 

大人でも、旅行や初めてのことをしたときは、すごく疲れて

なかなか寝れなかったりもしますよね?

 

赤ちゃんにも同じことが言えます。ストレスを感じているんですね。

 

ママさんにも説明しながら行います

 

鍼やベビー整体というと、ちょっと怖い感じがしますが、

子どもにするのは、基本的には刺さずに、なでるタイプの鍼です。

 

当院では、刺す鍼も使いますが、美容鍼用の顔に刺すような

一番細い鍼を使うので、刺したことがわからない赤ちゃんもいるほどです。

 

また、小児鍼に加えベビー整体を併用することで、

赤ちゃんの神経の働きを整えて、向き癖や便秘、夜泣きなど

自宅でもケアをしてあげやすいように説明しながら行います。

 

ベビー整体もまた、大人にするような強さではなく、さすったり、

軽くおさえるような手技を行います。捻るようなことはしませんし、

小児鍼と合わせても時間は10分ほどと短く、軽い刺激になります。

 

なにより大事な、ママさんの身体のケア

 

赤ちゃんがいると、どうしても赤ちゃん優先になり、自分は後回しです。

夜泣きやかん虫で、ぐずる赤ちゃんをあやしていると、睡眠時間も減り、

そのつもりはなくても、イライラしてきます。

 

『誰でもあるのよ』『もう少しのがまん』『抱っこが足りないのじゃない?』

いろいろ言われることもあると思います。

 

でも、そんな頑張り過ぎのママさんのイライラを、子どもは敏感に感じ取ります。

 

お子さんに鍼やベビー整体をして、ケアをしてあげると

お子さん自身のストレスが緩和し、寝やすくなったりします。

そうすると、ママさん自身の時間が少し多くなりイライラも減ってきます。

 

増えた時間を、自分自身の体調管理に

 

お子さんが寝てくれるようになったり、キーキー言わなくなってくると

子育て祖するママさん自身の身体も楽になり、

ますます子育てが楽しくなってきます。

 

赤ちゃんを育てるのは、一人ではできません。

頑張っている方を助けようと周りも手を差し出してくれています。

もうちょっと肩の力を抜いてみてもいいと思います。

 

お子さんの夜泣き・かん虫や、向き癖、ハイハイが遅いなど

気になることがありましたら一度ご相談くださいね。

 

 

患者さんのお声

当院に、夜泣き・かんむしで来院された
ママさんのお声を紹介いたします。

ご参考になれば幸いです。

 

Hさん <主婦>

「夜泣き」

1歳10ヵ月になる息子の夜泣きが1年以上も続き、

体力も限界でした。この先、この状態がいつまで続くのか不安でしたが、
先日針に来てから、ぐっすり眠る息子。まだ、1、2回は起きるけど、夢のように幸せです。
様子を見ながら、通ってみようと思います。院長、ありがとうございました!!(効果には個人差があります)

 

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は


このページの先頭へ