接骨院の先生がこっそり教える『正しい子ども靴の選びかたと履き方』


子どもの靴

おはようございます。

今治市上徳の星野鍼灸接骨院院長の星野です。

 

僕が大事にしている『足』

外を歩くときには必ず靴を履きますが、

あなたのお子さんはどんな靴を履いていますか?

 

足に合った靴がいい、と言われても、

そもそもの基準がよくわからない方も多いと思います。

そこで、今回は正しい子ども靴の選びかたと、

履き方をこっそり教えます(笑)

 

何が大事かを4つにまとめました。

 

【ポイント】

①靴の中で歩かない大きさ

②かかとをトントンする

③かかとと足の甲で止める

④サンダルで出かけない

 

ポイント① 『靴の中で歩かない大きさ』

 

子どもが小さいうちはすぐに足が大きくなるので、

ついつい大きめのサイズを選びがち。

でも、大きすぎて靴の中で歩いてしまうようなものはNGです。

 

靴の中で足が動いてしまうと、つま先で靴をひっかけながら歩く

ロック歩行になってしまい、指先を上げて歩くようになります。

そうすると、踏ん張りがきかず転倒しやすくなります。

 

ポイント② 『かかとをトントンする』

 

靴を選ぶときに、つま先をトントンしてねじ込むように

履いて合わす子どもが多いです。これは、靴を早く履きたかったり、

靴ひもや、ベルトを締める習慣がないためでもあります。

 

靴は、かかとをしっかりつけて、靴ひもやベルトを

しっかり止めたうえで、指先が動く程度のものがベストです。

子どもであれば指から靴先までのゆとりが0.5~1cmくらいです。

 

ポイント③ 『かかとと足の甲で止める』

 

靴を履いた時、かかとをトントンしてぴったりと靴につけ、

その状態で靴ひもを縛ったり、ベルトで止めるようにします。

そうすることで、靴がしっかりと足にフィットし、動きやすくなります。

 

靴を重く感じる方は、これが緩いため、

指先で靴を上げるように歩いているので重く感じます。

しっかりとかかとと足の甲で止めるように注意してください。

 

ポイント④ 『サンダルで出かけない』

 

ク〇ックスのようなサンダルを履いて走っている子どもをよく見かけます。

サンダルは、ちょっと庭に出るときや、家の周りで遊ぶなど、

あまり歩かないときに履くならいいと思います。

 

ポイント①~③が全くできないのがサンダルです。

 

靴の中で足が動き、トントンするかかとがなく、

かかとと足の甲で止められない為に、

すごく足が無理をしてサンダルを履いているんです。

 

成長痛の原因に足の指が使えていない事が多いです。

 

下の写真は高校生の女の子。部活で走っていると足が痛くなる

という症状で来院されましたが、指が全然握れていません。

そのために、踏ん張りが利かず、足に無理が来て痛みが出ました。

握れない足指

下の写真は僕の足ですが、本来はこれくらいしっかり握れます。

足指表側

子どもは自分で靴を選べません。

子どもさんの足のためにも、しっかりと靴を選んであげてくださいね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【今治市の整骨院】整体マッサージ師からも紹介される星野鍼灸接骨院

星野鍼灸接骨院のクチコミサイトはこちら『エキテン』

今治骨盤矯正ラボの口コミサイトはこちら『エキテン』

予約優先(当日電話予約は8:30~)
電話0898-35-2408(ホームページを見て・・とお電話ください)
受付時間
平日 8:00~12:00 16:00~20:00
土曜日 8:00~13:00

Google+

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は


コメントを残す

このページの先頭へ