【よくいただくご質問】肩が痛いんですけど?~肩が痛いのに足から見る理由


t02200293_0240032011631571140こんばんは。

今治市上徳の星野鍼灸接骨院院長の星野です。

 

今日から11月ですね。

今年も残すところ、あと61日。

毎日全力で走っていきましょう(*^^)v

 

—–【肩が痛むのに足から整えた患者さん】

 

先日、腱板炎で肩が上がらなくなった方がご来院になりました。

 

半年ほど前に肩が痛くなり、病院で腱板炎と診断され

しばらくの安静を指示され、少し楽になっていました。

 

ところが、3週間ほど前から痛みがひどくなりまた病院で診てもらったところ、

やはり腱板炎と言われ、安静にしていたが、さらにひどくなり、もう一度受診

したところやはり腱の炎症があるということで軽い運動と安静を指示され

よくならないのでご来院されたということでした。

 

来院時の症状は、

①腕が肩までしか上がらない

②痛みで起き上がるのも困難

③寝返りを打っても痛む

というものでした。

 

問診をしていくうえで、経過が長いこともあり、

検査や状態を詳しく聞いていくと、石灰沈着があったとのこと。

実は石灰沈着は、腱板炎の症状ではなく、五十肩の症状です。

 

この方の場合、腱板炎で安静にしていた結果、

痛みで肩を動かさなかったために、肩関節に石灰沈着が起こり

関節の可動範囲が狭くなってしまったということです。

 

つまり『腱板炎→五十肩』ということです。

 

身体の状態を立った姿勢や座った姿勢から見ていくと、

身体のゆがみが見て取れます。この方の場合は、

骨盤から上が左にねじれていて、骨盤から下が右にねじれていました。

 

そこで、まずはじめに座ったまま、このねじれを戻すように

手で押さえて、一度腕を上げてもらいます。

 

患:『あ、少し上がりやすくなりました』

 

つぎに仰向けに寝てもらい、足元から身体のねじれや

筋肉の張り、関節の動きをチェック。

 

左足の動きが悪く、右の肋骨、右の腹筋の緊張が強く出ていました。

足首から動きを整えて、それぞれ各部位を調節。

あらためて座ってもらい、また腕を上げてもらいました。

 

患:『えー?だいぶ上がります』

この時点で、肩よりも上に腕が上がります。

 

肩を触らないで、これだけ上がるようになる理由を説明。

 

私:『足は家でいうと土台です。土台がしっかりしていないと、

柱も壁も曲がってきますよね?まずはしっかりと土台を整えて、

それから建物自体を治していきますね』

 

それから、肩関節周りの施術に入ります。

首、ひじ、腕、それから最後に肩(笑)

最後まで肩は触ることはありませんでした。

 

少しずつ治療が進むにつれ、患者さん自身が

痛みが引いてきていることを実感していたようです。

 

起き上がって、また肩の動きを確認してもらいます。

 

患:『あ、すっと起きれました。だいぶ上げるときの痛みも少ないです。

横向きに寝ているのが苦痛だったのですが、施術中に横向いても

痛くなかったです』

 

私:『よかったですね。今回は、これで終了します。

次回肩周りの運動を指導しますね』

 

—–

 

足元から整えることで、バランスよく身体を立てることができます。

バランスがいいというのは、まっすぐである必要はありません。

きちんと体が動き、筋肉がしなやかに伸び縮みすることが大事です。

 

毎回、肩関節の痛みがここまで劇的に変化することはありませんが、

足のバランスを整えることで、いろんなところが動くようになります。

 

身体は、自分で治そうとしています。

 

僕がしているのは、身体が動きたいところに

手を添えて治る手助けをしているだけ。

ほとんどの場合、強く揉んだり引っ張ったりしません。

 

身体の不調があるかたは、不調の場所だけでなく、

足元を見つめなおしてみるのも、いいかもしれませんね。

 

あなたの周りでケガばかりしてしまう、
いつも風邪をひく、肩が凝りやすいなど
なぜかいつも体調に不安がある方は一度ご相談くださいね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【今治市の整骨院】整体マッサージ師からも紹介される星野鍼灸接骨院

星野鍼灸接骨院のクチコミサイトはこちら『エキテン』

今治骨盤矯正ラボの口コミサイトはこちら『エキテン』

予約優先(当日電話予約は8:30~)
電話0898-35-2408(ホームページを見て・・とお電話ください)
受付時間
平日 8:00~12:00 16:00~20:00
土曜日 8:00~13:00

Google+

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は


コメントを残す

このページの先頭へ