患者さんの症例|子供と遊んでいて足を捻った男性


90595427_2865030996924099_3964851002913325056_o

【子どもと遊んでいて足を傷めた男性】

 

患者さんの症例

40代 男性 自営業

 
お子さんと遊んでいて足を滑らせて、足を傷めてしまったと来院されました。

 
傷めたのは1ヶ月前で、傷めてすぐに3日ほど痛みがあったが、その後痛みがひいていたので様子を見ていました。

 
その後、足の甲の腫れがなかなか引かず、正座をすると痛みがあったので一度見てもらおうと来院されました。

 
患部を確認すると、足関節を捻ったり伸ばしたりしても痛みはありません。

 
ただし、前足部を捻ったり中足骨部を丁寧に触診すると痛みが出てきます。

 
歩いてもらうとやはり痛みはないという事ですが、アキレス腱周囲には若干の緊張があり足底部にも関節の動きの悪さと足底筋の筋緊張があります。

 
正座をして確認すると楔状骨と第1、2中足骨の関節部位に痛みが出るようです。

 
アキレス腱周囲の筋緊張を緩和するようにリリースを行い、それぞれの関節の可動性を一つずつ確認しながら整えていきます。

 
それぞれの緊張と可動性が戻ってきたのを確認すると、正座をしても痛みがなくなりました。

 
足底部の筋緊張を緩和するように指導し、様子を見てもらいましたがその後痛みの再発はなく、終了しました。

 
捻挫からの足の痛みですが、今回は固定する事なく施術が終了しました。

 
患部の状態によっては、固定する方がいいことが多いですが、今回は固定することで、より可動性がなくなることが考えられたので緊張緩和を目的にしました。

 
当院では、患部の固定は包帯やギプスでしっかりと固定したり、テーピングで運動補助の固定をしています。

 
状況にあった処置で少しでも早く仕事やスポーツに復帰できるようサポートします。

 
星野鍼灸接骨院
今治市上徳1−7−38
0898−35−2408

LINE : https://bit.ly/2BZO8II


コメントを残す

このページの先頭へ