症状を少しでも緩和したい〜花粉症予防のための鼻のかみ方


花粉症

花粉症でお悩みの方が

当院にもたくさん来院されています。

 

そういった方の問診をしていると、

みなさん共通して間違っている場合が多かったもの。

 

それは、鼻のかみ方です。

 

どうしても間違ったやり方をしてしまいがちな

鼻をかむ方法を、今回は簡単な予防法でお伝えします。

 

ついやりがちな間違い

 

花粉症になると、鼻の奥に詰まった感じや、

いつまでも鼻水が流れてくる感じが

なかなか取れませんよね?

 

そういう時についしがちなのが、強く鼻をかむこと。

 

いくら鼻をかんでも次々出てくるので、

なんとか出し切りたいなーと、

どうしても強く強くなってきます。

 

でも、これが間違い。

 

鼻の奥から勢いよく出そうとしても、

ますます流れる感じがしてやっぱり気持ち悪いです。

 

どうすればいいの?

 

鼻のムズムズや鼻水の出そうな感覚を

早く収めるポイントは3つ。

 

①強くかまない

②片方ずつやる

③出て来るのを拭き取る

 

たったこれだけです。

 

説明していきますね。

 

①強くかまない

強くかまないと、いつまでも出そうになりますよね?

実はこれが間違い。

 

強く出そうとすればするほど炎症が広がりやすくなり、

鼻の奥の粘膜が晴れてきて、いつまでも出る感じがします。

 

実はこの時、実際に出てくることは少なく、

粘膜が晴れているため出そうに感じているだけなのです。

 

②片方ずつやる

両方一度にやると、鼻の奥に強い圧力がかかり、

やはり粘膜の炎症を悪化させやすくなります。

 

また、圧力がかかるため、

耳が痛くなったり頭が痛くなったりします。

 

③出てきたのを拭き取る

強くかまないと気が済まないかもしれませんが、

まず気をつけてもらいたいのは、

鼻から息を吐き出す強さ。

 

イメージとしては、鼻から息を吐く程度の強さです。

 

息を吐く程度の強さなので、

ほとんど出て来る感じがしないかもしれません。

 

出てきたものを拭き取るようにすると、

粘膜の腫れを強くする刺激が入りにくくなるので、

結果的に早く鼻が落ち着いてきます。

 

まとめると・・

鼻を片方ずつ、息を吐く程度の強さで、出てきた鼻水だけ拭き取る。

これが大事になります。

 

ちょっとしたことで体は変わってきますので、

気をつけてみてくださいね。

 

当院の花粉症特設ページはこちら

 

 

ブログ記事がお役にたちましたら

下のボタンをクリックして応援いただくと嬉しいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【今治市・西条市の整体】独自の骨盤矯正が口コミで話題の「星野鍼灸接骨院」

星野鍼灸接骨院のクチコミサイトはこちら『エキテン』

今治骨盤矯正ラボの口コミサイトはこちら『エキテン』

予約制
電話0898−35−2408(ホームページを見て・・とお電話ください)
受付時間
平日 8:00〜20:00
土曜日 8:00〜13:00

Google+

 

 

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は


コメントを残す

このページの先頭へ