カビ・ダニ予防!畳の正しいお手入れの方法は?拭き掃除はしてもいいの?


2016-05-12 13.12.19梅雨時期になり、

じめじめしたお天気が続きますよね。

 

こういうじめじめした日が続くと気になるのがカビ。

 

部屋の換気もなかなかできませんし、

エアコンをかけてもなかなかスッキリしません。

 

こんな時に気になるところと言えば、畳。

 

畳は天然のイ草を使っているので、換気ができないと

水分を吸ってしまうので、湿度が上がりやすくなってしまいます。

 

本来は湿度の調整もしてくれる

日本の気候にはなくてはならない畳の

お手入れ方法を調べてみました。

 

【日ごろ気を付けること】

 

・畳の上には、カーペットをかさねて敷くのは避ける

畳は天然のイ草を使っています。

 

ほこりがたまりやすいカーペットはダニの発生原因になります。

 

・こまめな換気

畳は湿気をため込みやすい性質があります。

換気をして、風通しを良くしておかないと、

カビやダニの発生原因になります。

 

・水分に注意

畳に水は禁物です。

雑巾がけも、水分の多い雑巾は厳禁です。

また、加湿器もかけすぎるとカビが生えやすくなります。

 

【毎日のお手入れ】

 

・掃除

掃除機は、畳の目に沿って。

雑巾がけをするときは、基本的には、から拭きをしてください。

頑固な汚れの時には、硬くしぼって水気のない雑巾を使います。

 

・畳干し

春と秋の年に2回干しましょう。

よく晴れた日に、畳裏を太陽に向けて、5時間ほど干します。

その時に、ホコリをしっかり叩き出します。

 

注意点:干す際には、畳に目印をつけてください。

向きや場所が変わると、畳が入らなくなります。

 

・換気について

晴れた日にこまめな換気が大事です。

梅雨時期には除湿機を使って湿気を取るのもお勧めです。

 

【カビ・ダニ予防】

 

最近の住宅は気密性が良いため、

湿気がたまりやすくなっているそうです。

 

・カビ予防

風通しを良くして、湿気をためない。

こまめな掃除も大事です。

 

・ダニ予防

こまめに風通しをして、湿気をためない。

こまめな掃除(朝晩2回が理想的です)でカビ予防。

 

カーペットの重ね敷きをせず、

ごみをためにくい環境にすることも大事です。

 

※最近では、カビやダニの発生を予防するために

天然のイ草ではなく、化学製品の人工イ草もあるようです。

 

畳は、香りや肌触りがとても気持ちいいものです。

 

こまめな掃除と、湿度管理で、

いつまでも気持ちいい畳のある生活で子育てしましょう!

 

 

 

ブログ記事がお役にたちましたら

下のボタンをクリックして応援いただくと嬉しいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【今治市の整骨院】整体マッサージ師からも紹介される星野鍼灸接骨院

星野鍼灸接骨院のクチコミサイトはこちら『エキテン』

今治骨盤矯正ラボの口コミサイトはこちら『エキテン』

予約制
電話0898-35-2408(ホームページを見て・・とお電話ください)
受付時間
平日 8:00~20:00 土曜日 8:00~13:00

Google+

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は


コメントを残す

このページの先頭へ