炭水化物ってなんになる? ~栄養バランスって?


炭水化物

栄養バランスが大事だということは誰でも知っている事実です。

でも、そのバランスがよくわからない・・という人が当院の患者さんに多いです。

そこで今回は栄養バランス、炭水化物編を書いてみようと思います。

 

炭水化物はいわゆる主食と呼ばれるもの。

主食はご飯、パン、麺などの穀物などです。

 

炭水化物は最終的にはブドウ糖となりいわゆる【エネルギー】となるものです。

 

エネルギーとなるもので、主食なのでどうしても多く取りがちですが厚生省のすすめる摂取量の目安でも

一日の摂取カロリーの半分、50%がいいとされています。

 

単純に摂取カロリーを1食500キロカロリーとして一日で1500キロカロリーあるとします。

その半分の量が目安なので750キロカロリー、お茶碗にかるく1杯(160g)が3食でもうほとんど摂取してしまいます。

 

炭水化物は最終的にはブドウ糖、いわゆる【糖質】になるので

甘いもの、ケーキやポテチなども含まれます。もちろん芋類もです。

 

最近は食品成分がジュースやお菓子のパッケージ裏などにも乗っているので一度炭水化物量を確認してみてください。

 

炭水化物は1グラム約4キロカロリーで計算するのが目安です。

意外と取りすぎている方が多いのでこのあたりを気にしてみてみてくださいね。

 

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【今治市の整骨院】整体マッサージ師からも紹介される星野鍼灸接骨院

当院のダイエット紹介ページはこちら
糖質オフダイエット

予約優先(当日電話予約は8:30~)
電話0898-35-2408(ホームページを見て・・とお電話ください)
受付時間
平日 8:00~12:00 16:00~20:00
土曜日 8:00~13:00


コメントを残す

このページの先頭へ