慢性痛とうつ病の脳波の状態は同じ?


慢性腰痛

慢性的な痛みやコリは、なかなか取れませんよね?

 

取れにくい原因は、身体のバランスも関係しますが、

それよりももっと深い理由がありました。

 

昨日のブログで、身体のバランスと痛みにとらわれないことについて

少し書いていますのでこちらもご覧ください。

肩こり、腰痛の検査で身体のバランスチェックの写真を撮っています

 

最近テレビでも放送されることが増えてきたので

見たことがある人もいるかもしれません。

 

『慢性的な痛みは、脳が原因である』ということ。

 

痛みはあくまでも症状の一つでしかありません。

炎症症状には5つの大きな症状があります。

 

①発赤②腫脹③発熱④疼痛⑤機能障害です。

これら主な症状5つの中で一番印象が強いのが『疼痛』

なのでどうしても痛みという症状に目が行ってしまいがちです。

 

身体の痛みの部分ではなく脳が出しているということです。

この事実は10年以上前から世界では言われていることです。

 

慢性腰痛の方の脳波の画像と、うつ病の方の脳波の画像は

ほとんど同じだということを知っていますか?

 

慢性痛がうつ病だと言っているのではなく、

身体の症状が脳のイメージによって作り出されているという事実です。

脳の持つイメージの力は偉大です。

 

例えば、おふくろの味。

毎朝作ってくれたお母さんのお味噌汁。

今でも味を思い出せますよね。

今は食べてはいないのに、しっかりと味が広がります。

 

例えばこんな実験も。

 

熱いお湯と、冷たい水を用意します。

被験者に目隠しをして『熱いお湯をかけますよ』といって

冷たい水をかけます。すると『熱い!!!』といって

水のかかった部分に水膨れややけどを起こします。

 

血が流れている・・・という思い込みだけでなくなった方もいます。

それだけ思い込むと脳が身体に症状を発現させてしまうのです。

 

同じ理由で、いつもなかなか治らない、痛いなぁ、しんどいなぁ、

と考えるほど痛みはひどくなり、長引くようになります。

 

それを解消する方法として、痛みにフォーカスするのではなく

今日は何ができたか、以前と違うことができたか?を考えてください。

 

痛みのイメージよりも『動けた・30分凝らずに仕事できた』など

いいイメージを頭に描くことで動けるようになったことに

フォーカスするようになってきます。

 

もちろん、身体のバランスをよくし動きやすい状態にすることも大事です。

動きやすくなると無理をしなくなるので痛みやコリが出にくくなってきます。

 

慢性的なコリや痛みは、一度では良くなりません。

僕が一人で治すわけでもありません。

 

あなた自身がもつ自然治癒力で治っていきます。

僕はその手助けをしているだけです。

 

痛みやコリが出てくるバランスのクセが出にくいよう

あなたが本来動きやすいバランスに整えていくことが大事です。

 

あなたの元気な笑顔で、周りも笑顔になるといいですね(*^^*)

僕はそんなあなたのお手伝いができればと思っています。

 

あなたの周りでケガばかりしてしまう、いつも風邪をひく、

肩が凝りやすいなどなぜかいつも体調に不安がある方は

一度ご相談くださいね。

 

 

ブログ記事がお役にたちましたら

下のボタンをクリックして応援いただくと嬉しいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【今治市の整骨院】整体マッサージ師からも紹介される星野鍼灸接骨院

星野鍼灸接骨院のクチコミサイトはこちら『エキテン』

今治骨盤矯正ラボの口コミサイトはこちら『エキテン』

予約優先(当日電話予約は8:30~)
電話0898-35-2408(ホームページを見て・・とお電話ください)
受付時間
平日 8:00~12:00 16:00~20:00
土曜日 8:00~13:00

Google+

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は


コメントを残す

このページの先頭へ