免疫医学研究会で東京に~癌に対する第4の治療法『他者免疫リンパ球療法』


免疫

昨年から毎月言っていた免疫医学研究会。

今年は不定期での学会参加です。

 

癌の治療において3大治療は

①手術②放射線③抗がん剤と言われます。

それぞれの処置はガンを根絶することを目的としています。

 

ところがこれらの治療法では、身体に対する負担が大きく

とても体力を消耗したり再発の恐れが多くあったりします。

 

最近になってとても注目されるようになった

第4の治療法があります。それが『免疫リンパ球療法』です。

 

免疫リンパ球療法には2つの種類があります。

①自己免疫リンパ球療法

②他者免疫リンパ球療法

 

僕の学んでいるのは他者リンパ球療法。

この療法の権威である東京の田町アイシークリニックの

瀬戸先生、竹内先生、後藤先生が主となって行っている学会です。

田町アイシークリニックについてはこちら

 

この他者免疫リンパ球療法を簡単に言うと・・・

 

免疫力が弱ったことで増えた癌細胞に抵抗するため

健康な他者(家族など)から元気な免疫リンパ球を移植(点滴輸血)し

弱った免疫力を上げ、癌と共存できる状態を作ることです。

免疫リンパ球療法の詳しい説明はこちらもご覧ください

 

冒頭の写真は、僕の血液画像です。

免疫リンパ球療法では血液の数より質を重視します。

 

こういった血液の画像や血液の成分から、

今現在の身体の状態がどのくらい免疫力があるか、

ガンに対する抵抗力があるかを調べていきます。

2015-08-30 13.11.32

前回の学会の資料はまさにこの血液画像から

ガンの状態やその時の身体の状況を理解するものでした。

 

免疫リンパ球療法の一番のメリットは身体への負担が小さいこと。

外科手術のように身体を切ることも無く、抗がん剤や放射線のように

細胞を傷めるわけではありません。

 

免疫リンパ球療法では自分の免疫力を上げることで

ガンが増えないように抵抗することができるようになります。

 

実は、もともと健康な人でも毎日5000個ほどの

癌細胞が発生するといわれています。

 

免疫力が強いときはこれに対してしっかり抵抗できますが

生活習慣や食生活によって弱ってしまうことにより

抵抗できなくなり癌が増えてしまいます。

 

外科手術や抗がん剤を使っても、癌が再発しやすいのは

癌細胞に対する抵抗力が落ちてしまうことも原因の一つと言われます。

 

当院では、この免疫リンパ球療法を行っている

田町アイシークリニックの先生方と提携を結んで

ガンの患者さんのサポートも行っています。

田町アイシークリニック

免疫リンパ球療法が気になるかたや、

自分の血液がどのような状態か気になるかたは

一度ご相談くださいね。

 

 

ブログ記事がお役にたちましたら

下のボタンをクリックして応援いただくと嬉しいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【今治市の整骨院】整体マッサージ師からも紹介される星野鍼灸接骨院

星野鍼灸接骨院のクチコミサイトはこちら『エキテン』

今治骨盤矯正ラボの口コミサイトはこちら『エキテン』

予約優先(当日電話予約は8:30~)
電話0898-35-2408(ホームページを見て・・とお電話ください)
受付時間
平日 8:00~12:00 16:00~20:00
土曜日 8:00~13:00

Google+

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は


コメントを残す

このページの先頭へ