あなたは本当にご存知ですか?~七夕の物語


七夕

おはようございます。

今治市上徳の星野鍼灸接骨院です。

 

今日は七夕ですね。

織姫と彦星が天の川で年に一回の逢瀬を楽しむ日です。

 

この物語をちゃんと知っている方がどれくらいいるか

わかりませんが、今日は七夕にまつわる話をしたいと思います。

 

実は織姫と彦星は恋人同士ではありません(笑)

織姫と彦星は、れっきとした夫婦です。

 

2人のなりそめのお話から。

 

機織りの仕事をする働き者の織姫が年頃になったとき、

お婿さんを探して天の神様(天帝)が同じく働き者で評判の

牛飼いの彦星と引き合わせました。

 

2人はとても気が合って、仲良くなり結婚しました。

 

もともと働き者だった二人が結ばれた途端、

遊んでばかりとなり、働かなくなってしまいました。

 

遊んでばかりで機を織らなくなった織姫のために、

新しい服が作れなくなった村人が、天の神様にお願いに行きました。

同じく、遊んでばかりで牛の世話をしなくなった彦星のせいで、

牛たちが病気になってしまい、村人が天の神様にお願いに行きました。

 

それにおこった天帝が、二人を天の川を隔てて引き離し、

しっかりと働くように忠告したのです。

 

ところが、2人はあえなくなった寂しさから一向に働こうとはしませんでした。

 

そこで天帝は、年に一度七夕の日に会うことを許しました。

そうすると、2人はお互いに元の通りに一生懸命働き始めた、というお話です。

 

つまり、七夕は遊んでばかりいないで、

メリハリをつけてしっかり働けというメッセージのあるお話です(^^;)

お子さんと一緒に見られる3分ほどのアニメもあります~七夕物語(youtube)

 

意外と知らていない七夕の物語でした(*^^)

 

さて、そんな七夕ですが短冊に願い事を書くと

願いがかなうとされています。これにももちろん由来があります。

 

織姫はもともと機織りの職人。ということで機織りがうまくなるようにという

願いごとから、芸事、書道などがうまくなるようにと変わってきました。

それが、現代では願い事がかなうという風習に変わってきたということです。

 

そして、短冊にも決まりがあるのをご存知でしょうか?

色は5色。『青・赤・黄・白・黒』と決まっています。

これは、七夕の歌にも出てきますね(^_^)

 

そしてそれぞれの色にも願い事の決まりがあります。

これらは、中国の五行という思想のもとに成り立っています。

東洋医学とも通じる考え方ですね。

 

『青』 ・・ 成長

他人の痛みがわかるなど、人間として一回り大きくなるための

成長に関する願い事を書きます。

 

『赤』 ・・ 感謝

お世話になった人に、いつもありがとう。

いつまでも元気でね、という願い事を書きます。

 

『黄』 ・・ 人間関係

〇〇さん(くん)と仲良くなれますように。など

人間関係をよくするお願いを書きます。

 

『白』 ・・ 規則

毎日寝坊しないようになど、規則正しい生活をする

お願い事を書くといいかもしれませんね。

 

『黒』 ・・ 学び

テストで100点がとれますように。志望校に合格しますようになど

学問に関するお願い事を書きます。

 

このように七夕にはいろいろな風習があります。

願い事を聞いてもらうためにも、きちんと色を合わせて

天帝に叱られないように、努力を惜しまず頑張っていきたいですね。

 

 

ブログ記事がお役にたちましたら

下のボタンをクリックして応援いただくと嬉しいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【今治市の整骨院】整体マッサージ師からも紹介される星野鍼灸接骨院

星野鍼灸接骨院のクチコミサイトはこちら『エキテン』

今治骨盤矯正ラボの口コミサイトはこちら『エキテン』

予約優先(当日電話予約は8:30~)
電話0898-35-2408(ホームページを見て・・とお電話ください)
受付時間
平日 8:00~12:00 16:00~20:00
土曜日 8:00~13:00

Google+

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は


コメントを残す

このページの先頭へ