バスケットボールで内出血するほどの捻挫をした患者さん


ねんざ

こんにちは。

今治市上徳の星野鍼灸接骨院院長の星野です。

 

先週末にバスケットボール中に捻挫をして

歩きにくくなるくらいのケガの方が来院されました。

 

外くるぶしの下に内出血があり、

くるぶしの場所がわかりにくいくらいの腫れがあります。

 

お仕事の都合もあり動きにくいため

早くケガを治していきたいという希望もあり、

現状で一番最適な処置としてギプスでの固定を選択しました。

 

ちなみに、当院の『スポーツ外傷に対する思い』はこちらをどうぞ。

 

ギプスをはめる前に、足首の軸を整えていきます。

捻挫は脱臼のように外れるわけではありませんが、

関節の軸がずれている場合が多く、そこを調整していきます。

 

関節の軸を合わせて、アイシングと超音波を行うと、

腫れは少し引いてきました。

 

軸を合わせてよくなった状態で、足首にギプスをまいていきます。

 

ギプスはぐるぐる巻きに行いますが、接骨院ではカットして使います。

ギプスで固定した状態では、次回以降の患部の処置ができにくくなるため

大事な固定はそのままに、極力少ないギプスで固定していきます。

 

このカットの時に写真のギプスカッターを使います。

ギプスカッター

ちなみにその上の袋に入っているのがギプスです。

 

キャストギプスといって、ガラス繊維とプラスティックで出来た、

水につけることで化学反応を起こし石膏などに比べて

軽くて丈夫なギプスになるものを使います。

 

その他に、プライトンというお湯で柔らかくして使う

プラスティック製のギプスもあり、状況によって使い分けをします。

 

プライトン固定のケースはこちらもどうぞ


今回は、このキャストを使って足首の型を取り

足の形ピッタリのカップ型のギプスを作りました。

 

昨日の時点で腫れもかなり引いて歩きやすくなったので

ギプスの固定をはずし、テーピングでの固定に切り替えました。

 

内出血はあるものの、かなり改善されたようです。

 

捻挫などケガの場合はじめの処置が肝心です。

しっかりと固定し安静が作れると、ごく短期間での

リハビリ復帰が可能となります。

 

もうすぐ新学期です。

慣れない練習や疲労によりケガも多くなりますので

ケガの時は自己判断せずお早めにご連絡くださいね。

 

 

ブログ記事がお役にたちましたら

下のボタンをクリックして応援いただくと嬉しいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【今治市の整骨院】整体マッサージ師からも紹介される星野鍼灸接骨院

星野鍼灸接骨院のクチコミサイトはこちら『エキテン』

今治骨盤矯正ラボの口コミサイトはこちら『エキテン』

予約優先(当日電話予約は8:30~)
電話0898-35-2408(ホームページを見て・・とお電話ください)
受付時間
平日 8:00~12:00 16:00~20:00
土曜日 8:00~13:00

Google+

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は


コメントを残す

このページの先頭へ